logo_s

祝・コップのフチ子5周年!これまで登場した1500種以上のフチ子を展示 先行発売&限定商品も PARCO MUSEUMで「あなただけのフチ子展」(豊島区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2017年12月1日〜2017年12月18日 豊島区
祝・コップのフチ子5周年!これまで登場した1500種以上のフチ子を展示 先行発売&限定商品も PARCO MUSEUMで「あなただけのフチ子展」(豊島区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

豊島区南池袋の池袋パルコ内PARCO MUSEUMでコップのフチ子5周年記念展覧会「あなただけのフチ子展」が開催される。会期は2017年12月1日(金)から12月18日(月)まで。

「あなただけのフチ子展」キービジュアル

玩具メーカー・奇譚クラブから発売されているカプセルトイシリーズ「コップのフチ子」。2012年7月、マンガ家のタナカカツキに商品開発をしたことがきっかけで誕生し、発売後1週間で10万個以上を出荷するも即完売。追加生産も追いつかず、オークションでプレミア価格にて売り買いされるほど日本中を熱狂させた。以降爆発的なヒットアイテムとなり、シリーズ累計1500種類、総累計2000万個を突破。キャラクター、タレント、ご当地、企業など300件を越える様々なコラボレーションを生み出している。

限定アイテム「5周年のフチ子」(各300円・全6種)。

本展のタイトルはフチ子を愛してくれた全ての人々に捧げるという意味を込め、「あなただけのフチ子展」とした。フチ子ブームを加速させた「SNS」という側面を鑑みつつ、“インスタ映え”をもとに会場を構成している。

①「圧巻インスタ映え」
これまで登場した総勢1500種以上のフチ子をオール展示。原案者タナカカツキによる本邦初公開の原画も登場する。

②「かわいいインスタ映え」
遊園地のコーヒーカップをフチ子サイズで再現したゆめカワモニュメントが登場。

③「面白インスタ映え」
コップのフチに引っかかっているように見えちゃう、フチ子なりきり写真が撮れる「フチッコアート」コーナーが登場。

また、先行発売商品として、前作の発売から1年半以上を経たナンバリングシリーズ最新作「コップのフチ子6」が発売される。また、2018年1月上旬発売予定の5周年記念書籍『コップのフチ子 オール百科』(PARCO出版)も、同様に先行発売される。書籍のなかではマンガ『うつヌケ』(著:田中圭一/KADOKAWA)とのコラボレーションも見られるという。

先行販売されるナンバリングシリーズ最新作「コップのフチ子6」(各300円・全6種)。

先行発売される『コップのフチ子 オール百科』(1,600円税別/PARCO出版/2018年1月上旬発売予定)

さらに会場だけの限定商品として「5周年のフチ子」が登場。周年シリーズではお馴染みのミニカプセル仕様で、フチブランド「PUTITTOネコ」が入っている。カプセルを開ければ単体でフチることも可能で、職人泣かせの至極の一品となっている。

「5周年のフチ子」。フチブランド「PUTITTOネコ」入り(各500円・全3種)。

また「着せ替えのフチ子」では、カオ、ボディー、足と部分販売。顔6種、カバン6種、体6種、足6種の組み合わせで、組み立てることで1296通りのスタイルで楽めるというカプセルトイ業界騒然の販売形態に挑戦する。

「着せ替えのフチ子」(各200円税込・各全6種)

着せ替え事例、その1。

着せ替え事例、その2。

着せ替え事例、その3。

オリジナル関節パーツと付属の軟質素材のスカートにより、様々なポージングが可能になった可動式フィギュア「figmaのフチ子」は、5周年のゴールドバージョンを555体限定発売。

高さは約13cmだという「figmaのフチ子 ゴールド」(3,685円税別)。

関連記事

EVENT

  • “あの鍬(くわ)には開拓の歴史が詰まっている” 北...
    2017年12月12日
  • マイアミアートフェアでも高評価のジューシーなデジタ...
    2017年12月11日
  • フジヤマ、妄想インドカレーネグラ、東京おかっぱちゃ...
    2017年12月11日
  • 写真家・細倉真弓が暗室で開催する「『川崎』暗室写真...
    2017年12月8日
  • 本年度ノーベル文学賞受賞記念 カズオ・イシグロ原作...
    2017年12月7日

RANKING

  • no.1
    フジヤマ、妄想インドカレーネグラ、東京おかっぱちゃんハウス、engag...
  • no.2
    “あの鍬(くわ)には開拓の歴史が詰まっている” 北海道上川郡東川町に暮...
  • no.3
    マイアミアートフェアでも高評価のジューシーなデジタルアートに注目 WI...
  • no.4
    写真家・細倉真弓が暗室で開催する「『川崎』暗室写真展」 磯部涼『ルポ川...
  • no.5
    歌舞伎町の中心にホストのいる書店が誕生!“LOVE”をテーマに蔵書10...
PAGE TOP