logo_s

1968年から半世紀経った今、THE EUGENE Studioが描く未来とは 資生堂ギャラリーで個展「1/2 Century later.」(中央区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2017年11月21日〜2017年12月24日 中央区
1968年から半世紀経った今、THE EUGENE Studioが描く未来とは 資生堂ギャラリーで個展「1/2 Century later.」(中央区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

中央区銀座の資生堂ギャラリーで現代美術を中心に、次なる社会を創造するアーティスト、THE EUGENE Studioの個展「1/2 Century later.」が開催中。会期は12月24日(日)まで。

「Agricultural Revolution 3.0」,Installation view,mixed media,2016

THE EUGENE Studioは、チームラボなどとともに世界が注目する日本のアーティストチームとして脚光を浴びており、その活動は現代美術を中心としながら21世紀のアーティスト像を確立しようとしている。これまでも過去の未来像に対比させ、現在の「私(たち)」が現実とのつながりの中で作り出すことのできる新しい鮮やかな未来像を思索し続けてきた。

「August Room in”Today’s Film”」,Installation View,Photographic film 2015

本展でTHE EUGENE Studioがモチーフとして掲げているのは、展覧会を終えるとともにちょうど「半世紀」が経過することになる「1968年」というキーワード。1968年は、スタンリー・キューブリックの映画「2001年 宇宙の旅」や、映画「ブレードランナー」の原作となったSF小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」(フィリップ・K・ディック)が発表された年であり、科学とテクノロジーの発展によって描かれた象徴的な未来像が決定づけられた年ともいえる。

「Mr.Tagi’s Room」,Installationview,Plastic,Photo,Wool,Acrylic,Cypraea,etc 2013

「somewhere,somebody became a star」,Installation view,Plant,Glass,Paper,Print,Books,Wood,Wool,Still photo,Plaster,etc

来年はそんな1968年から、半世紀が経過した2018年。本展では、タイトルの「1/2 Century later.」、つまり「あれから半世紀(あるいはこれから半世紀)」を主題とした未発表のインスタレーションも展示。会場には、「過去の物語で描かれた未来像の遺産」をモチーフとしたガラス張りの大型インスタレーションや、THE EUGENE Studioが描く未来としてバイオテクノロジーと農業が融合した穏やかな生活を描いた平面作品、本展の中心ともいえるソーシャル時代の構造を採り入れ、新たなグローバリゼーションへの期待を告げる作品など、次の新たなる未来を反映する作品群が立ち並ぶ。

「Agricultural Revolution 3.0」,Installation view,mixed media,2016

その世界観とスペクタクルな展示空間の中で新しい社会と響き合う感情を体感し、21世紀の科学とテクノロジーの進展とともにアートによって照らし出された新たな未来の価値を感じとってみてほしい。

「After the War」,Web,Happening projection.Dimensions variable,2015

関連記事

EVENT

  • Sujin Kimが作る100点のマグネット作品 ...
    2018年2月3日
  • グランプリは誰の手に? ファイナリスト6名による個...
    2018年1月30日
  • commune、SUPPLY TOKYO、UPPE...
    2018年1月29日
  • 現代美術アーティスト加賀美健が取り憑かれたように集...
    2018年1月26日
  • 写真家・忠地七緒がモデル赤坂由梨を台北で撮りおろし...
    2018年1月22日

RANKING

  • no.1
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.2
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.3
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.4
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.5
    2018年の恵方は「南微東」! 大行列の西早稲田・穴八幡宮で「一陽来復...
PAGE TOP