logo_s

イヌイットアートの名著『イヌイットの壁かけ』愛蔵版刊行記念 浅草橋天才算数塾で「氷原のクリスマス」展(台東区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2017年12月8日〜2017年12月17日 台東区
イヌイットアートの名著『イヌイットの壁かけ』愛蔵版刊行記念 浅草橋天才算数塾で「氷原のクリスマス」展(台東区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

台東区浅草橋の浅草橋天才算数塾で愛蔵版『イヌイットの壁かけ』刊行記念「氷原のクリスマス」展が開催される。会期は2017年12月8日(金)から12月17日(日)まで。

『愛蔵版 イヌイットの壁かけ 氷原のくらしと布絵』より

2000年に暮しの手帖社から刊行された、イヌイットアート収集家・岩崎昌子氏による書籍『イヌイットの壁かけ』。カナダ在住の岩崎氏が30年以上にわたって集めたイヌイットアートの中から、選りすぐりのアップリケ作品を“壁掛け”として紹介したものだ。

『愛蔵版 イヌイットの壁かけ 氷原のくらしと布絵』(著:岩崎昌子/誠文堂新光社/税別2,800円)

すでに絶版になっていた本書だが、今年6月に誠文堂新光社が『愛蔵版 イヌイットの壁かけ 氷原のくらしと布絵』として改めて出版。「クリスマスの壁かけ」シリーズや「人形」などの撮り下ろし作品など、壁かけ21点、人形23点を追加収録し、より充実の一冊に仕上がっている。

『愛蔵版 イヌイットの壁かけ 氷原のくらしと布絵』より

出版当初から、多くのクリエイターに支持されてきた本書。公式ページには以下のコメントが掲載されている。

ああ、絵が描きたい、
そんな気持ちにさせる素晴らしい本
安西水丸(イラストレーター/旧版への書評より)

この本は私の心の手を素手にしてくれる一冊だ
皆川明(ミナ ペルホネン)

イヌイットたちの表現の魅力は、
素朴であるということに尽きますが、
「素朴」とはただ単純なことではありません
谷口広樹(アーティスト、東京工芸大学教授)

『愛蔵版 イヌイットの壁かけ 氷原のくらしと布絵』より

本展では書籍の販売はもちろん、イヌイットの手仕事の販売も行う。また会期中にはクリスマス用の物販といったイベントも開催予定。飲食スペースでは“イヌイットの壁かけ刊行特別メニュー”も用意されるという。続報はFacebookイベントページで随時プッシュされるので、確認を。

関連記事

EVENT

  • Sujin Kimが作る100点のマグネット作品 ...
    2018年2月3日
  • グランプリは誰の手に? ファイナリスト6名による個...
    2018年1月30日
  • commune、SUPPLY TOKYO、UPPE...
    2018年1月29日
  • 現代美術アーティスト加賀美健が取り憑かれたように集...
    2018年1月26日
  • 写真家・忠地七緒がモデル赤坂由梨を台北で撮りおろし...
    2018年1月22日

RANKING

  • no.1
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.2
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.3
    〈今日は何の日?〉銀座の名店が消えた日ー1990年「シャンソン喫茶”銀...
  • no.4
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP