logo_s

12ラウンド12テーマで交錯するVectorとRasterの世界線 新宿眼科画廊で金田遼平✕たかくらかずき二人展「BOX/RING」(新宿区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2017年11月24日〜2017年12月6日 新宿区
12ラウンド12テーマで交錯するVectorとRasterの世界線 新宿眼科画廊で金田遼平✕たかくらかずき二人展「BOX/RING」(新宿区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

新宿区新宿の新宿眼科画廊で金田遼平氏とたかくらかずき氏による二人展「BOX/RING」が開催される。会期は2017年11月24日(金)から12月6日(水)まで。

「BOX/RING」キービジュアル

グラフィックデザイナーでアートディレクターの金田遼平氏と、イラストレーター、アーティスト、ゲームクリエイターの肩書を持つたかくらかずき氏。「BOX/RING」は、日頃から親交のあるふたりによる初の二人展だ。

展示される作品は、金田氏は「Vector」、たかくら氏は「Raster」といった、明確な違いのあるグラフィック表現を用いて作られている。「Vector」とは、『Adobe Illustrator』に代表される線と面による座標表現。「Raster」とは、主に『Adobe Photoshop』などで描かれるドット集合描写のことを指す。

デジタルツールは一様な印象を持たれがちだが、制作中の姿勢や視線の流れ、デバイスを駆使する両腕や指先の動きなど、できあがる作品は、操作する者の身体性が色濃く反映されているのではないだろうか。この点は先人が培ってきた様々な平面表現も同様であるが、「身体と画面」「身体とデジタル」の関係は、どこか特殊で、新しい可能性を秘めているように感じる。それは、まるで透明な自身を俯瞰で操作するようだ。(公式サイトより)

制作時には時間を制限し、12ラウンド/12テーマというルールにもとづいて作品を作ったという。テーマはwikipediaから選出。テーマごとに4つの作品をつくったため、作品総数は全部で48点となっている。

〈ルール〉
全部で12ラウンド/12テーマの作品を制作する。テーマはwikipediaより選出する。各テーマごとに
・金田単体作品
・たかくら単体作品
・互いの作品を使って金田が再構成したもの
・互いの作品を使ってたかくらが再構成したもの
の4作品を制作する。

制作時間は、1R/3分、2R/6分、3R/9分、4R/12分、5R/15分、6R/18分、7R/21分、8R/24分、9R/27分、10R/30分、11R/33分、12R/36分とする。12ラウンドで48パターンの作品が生まれる。

こうして時間を限定することで、浮き出る身体性、時間とアイデアの相関をあらわにし、スポーツやセッションのような即興的作品の制作を試みたという。時間制限のもと、異なるグラフィック技巧が交錯して生まれる作品の妙。ぜひ体感してみほしい。

関連記事

EVENT

  • 写真家・白井晴幸、改造カメラで撮影した写真群の個展...
    2018年7月12日
  • 活版印刷の今を知り、その魅力を発見・体験する過去最...
    2018年7月9日
  • 落語×ビートボックス×ダンス=落語ヒップホップミュ...
    2018年7月2日
  • こだわりの品が集まるマーケット「三宿十の市」が世田...
    2018年6月7日
  • 見る・聞く・触れる、参加体験型の展覧会「おべんとう...
    2018年5月25日

RANKING

  • no.1
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.2
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.3
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.4
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP