logo_s

今年で59回目 100万人が集う東京高円寺阿波おどり

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2015年8月29日〜2015年8月30日 杉並区
今年で59回目 100万人が集う東京高円寺阿波おどり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

a02_botimg

100万人もの人が訪れ東京の夏の風物詩としても知られる、杉並区・高円寺での「東京高円寺阿波おどり」。今年で59回目を迎えるこの祭りが、2015年8月29日(土)、30日(日)の2日間で開催される。

昭和32年に、南口に広がるパル商店街の振興組合に青年部が誕生したことがきっかけで始まったこのお祭り。当時は阿佐ヶ谷で始まった「七夕祭り」に対抗して、アイデアを出しあったところ阿波おどりを行う案が浮上。しかし本場徳島に引け目を感じたのか、「高円寺ばか踊り」という名前で開催された。

東京高円寺阿波おどり公式サイトより

東京高円寺阿波おどり公式サイトより

その後開催ごとに隣接する商店街や、周辺町会、自治会にも拡大していき、現在では、踊り手は1万人、沿道で楽しむ人を含めるとなんと100万人の人が訪れるという。

開催時には、高円寺駅北口広場や、南口近辺の中央公園のブースにさまざまな屋台が登場。また高円寺駅から少し離れた環状7号線沿いにある区民センター「セシオン杉並」では「おどれ高円寺セシオン2015」、ホール「座・高円寺」では「2015 座・高円寺阿波おどり」とそれぞれ阿波おどりの公演も行われる。

高円寺という町全体で行われるこちら。老若男女の集う活気はたしかに見ものだが、想像以上に商店街という商店街に人があふれるので熱中症や人酔いには注意したい。飲みものを携帯しつつ、1本メイン通りを離れたあたりの喫茶店やカフェなどを事前にリサーチしておくのが吉。

関連記事

EVENT

  • 「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらし...
    2019年12月9日
  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日

RANKING

  • no.1
    「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらしんたろう」 を拡張す...
  • no.2
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.3
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.4
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP