logo_s

テクノロジーがもたらすユートピアとディストピア ローガン・タカハシとの映像作品も ブライアン・アルフレッド個展「テクノガーデン」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2017年9月1日〜2017年10月5日 渋谷区
テクノロジーがもたらすユートピアとディストピア ローガン・タカハシとの映像作品も ブライアン・アルフレッド個展「テクノガーデン」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

渋谷区神宮前のMAHO KUBOTA GALLERYで、ブルックリンを拠点とするアメリカ人アーティスト、ブライアン・アルフレッド氏の新作個展「テクノガーデン」が開催されている。会期は2017年10月5日(木)まで。

「Techno Garden」(2017年、animation still)

ペインティング、コラージュ、アニメーション映像といった複数のメディアによって現代社会を表現しているブライアン・アルフレッド氏。アメリカの伝統的なペインターたちの影響を受けてきた一方で、その作風からは、日本の浮世絵やポップカルチャーとの親和性も感じられる。日本では2011年の文化庁メディア芸術祭、アート部門で優秀賞を受賞。2015年より運行されている現美新幹線内では映像アニメーション作品を発表している。

「NIGHT SHADES」(2017年、acrylic on canvas)

本展は大小の新作ペインティングとともに、映像アニメーション作品で構成される。展覧会タイトルと同タイトルとなる映像作品「テクノガーデン」は、ゴーストリー・レコーズ所属のアメリカ人ミュージシャン、ローガン・タカハシの音楽とのコラボレーション作品となる。

「CABLE」(2017年, acrylic on canvas)

オフィスビルの風景、高速道路や絡まったコンピュータケーブル、夕焼けや森林火災、高架道路のイメージなど、科学と自然が複雑な均衡を保つ様をペイント作品として発表しているブライアン・アルフレッド氏。時にはカタストロフィー的な視点から、時にはなにげない日常へのまなざしから、この世界の”リアリティ”を丹念に描き出した完全新作を見に、是非足を運んで見て欲しい。

関連記事

EVENT

  • 写真家・白井晴幸、改造カメラで撮影した写真群の個展...
    2018年7月12日
  • 活版印刷の今を知り、その魅力を発見・体験する過去最...
    2018年7月9日
  • 落語×ビートボックス×ダンス=落語ヒップホップミュ...
    2018年7月2日
  • こだわりの品が集まるマーケット「三宿十の市」が世田...
    2018年6月7日
  • 見る・聞く・触れる、参加体験型の展覧会「おべんとう...
    2018年5月25日

RANKING

  • no.1
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.2
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.3
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.4
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP