logo_s

郵便から生まれたムーブメント「The “Film Por Vida” PRINT EXCHANGE PROGRAM」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2015年9月11日〜2015年10月4日 新宿区
郵便から生まれたムーブメント「The “Film Por Vida” PRINT EXCHANGE PROGRAM」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

新宿区新宿にあるギャラリー「B GALLERY」で、ストリートカルチャーから派生したムーブメント「The “Film Por Vida” PRINT EXCHANGE PROGRAM(P.E.P.)」のエキシビジョンが開催される。会期は2015年9月11日(金)から10月4日(日)まで。

filmporvida

P.E.P.は、北カリフォルニア・サンノゼのスケートボーダーで、写真家、ギャラリーオーナーとしても活動するJAI TANJU(ジャイ・タンジュ)がスタートしたもの。友人やスケートボード仲間との間で、写真プリントを郵便で送り合っていたことから始まり、その後自然発生的に世界中に広がった。

その参加方法は簡単で、フィルムで写真を撮ってプリントし、宛名を書いて切手を貼り、どこかに “FILM POR VIDA” もしくは “P.E.P” と書いて投函するだけで良かったという。ムーブメントに共感した誰もが手軽に参加できた。

今回のエキジビションでは、P.E.P.を通じてJAI TANJUのもとに世界中から届いた写真プリントを展示する。

手紙というフォーマットから生まれた、アナログな手触りと、そこに詰め込まれた世界各国のクリエイティブを感じてみてほしい。なお、会期初日となる9月11日(金)のレセプションには、JAI TANJUも来日するという。プログラムの中心人物に会える機会もお見逃しなく。

「このエキジビションは、写真を撮る多くの人たちに刺激を与え、プリントを送ったり、 受け取ったりする楽しさを感じさせることができるでしょう。これは、双方向の体験です。ギャラリーを訪れた人たちは、展示してあるプリントにさわって、裏返し、誰がどこから送ったか見ることもできます。また、そこに描かれたアートワークや美しい切手にふれることもできます。」 ―JAI TANJU

関連記事

EVENT

  • 写真家・白井晴幸、改造カメラで撮影した写真群の個展...
    2018年7月12日
  • 活版印刷の今を知り、その魅力を発見・体験する過去最...
    2018年7月9日
  • 落語×ビートボックス×ダンス=落語ヒップホップミュ...
    2018年7月2日
  • こだわりの品が集まるマーケット「三宿十の市」が世田...
    2018年6月7日
  • 見る・聞く・触れる、参加体験型の展覧会「おべんとう...
    2018年5月25日

RANKING

  • no.1
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.2
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.3
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.4
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP