logo_s

「建築/土木/震災/オリンピック」がテーマ 気鋭作家11名が都市の“豊かな仮設”を試みる現代美術展「ground under」(渋谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2017年9月18日〜2017年9月25日 渋谷区
「建築/土木/震災/オリンピック」がテーマ 気鋭作家11名が都市の“豊かな仮設”を試みる現代美術展「ground under」(渋谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

渋谷区神宮前のSEZON ART GALLERYで、気鋭作家11名が「建築/土木/震災/オリンピック」をテーマに、都市の“豊かな仮設”を試みる現代美術展「ground under」が開催される。会期は2017年9月18日(月・祝)から9月25日(月)。

「ground under」キービジュアルキービジュアル

本展キュレーターであり参加作家である秋山佑太氏は、昨年末から今年の初旬にかけて江東区の取り壊し予定の一軒家で開催された「BARRACKOUT バラックアウト」展の企画・立案者。本展は、同展の「会場をバラック小屋に見立て、関東大震災や東京大空襲の土地の記憶と現在とを重ね合わせ接続する」という試みのその先を提示するものとなっている。秋山氏自身は作品として福島の地で発表した「地蔵堂修復」の続編を出展する。

©秋山佑太

参加する作家陣には、多彩な表現者が名を連ねる。オルタナティブなアートシーンを横断的に活動する中島晴矢氏、カオス*ラウンジに参加する井戸博章氏、山形藝術界隈の大槌秀樹氏、岡本太郎現代芸術賞入選作家であるユアサエボシ氏。

©中島晴矢

©井戸博章

©大槌秀樹

©ユアサエボシ

さらに、ストリートアートをベースに、アマゾンやアディダス、レッドブルなどのクライアントワークを手掛けるWHOLE9、ニューヨークを拠点とし、2017年にはワタリウム美術館で開催された「坂本龍一 | 設置音楽展」や、「Reborn-Art Festival」に作品を出展し注目を集めるアーティストデュオZakkubalan、若手アートユニット立入禁止、エンジニアとしての経歴も持つ山田はじめ氏、WEB制作から絵、立体、インスタレーション、絵本まで幅広い制作活動を行うKOURYOU氏、筑波大学在学中の作家関優花氏らが名を連ねる。

©WHOLE9

©Zakkubalan

©関優花

なお、本展に掲げられた ”豊かな仮設” という試みについて、秋山氏はステートメントのなかで次のように語っている。

「わたしが提案する「豊かな仮設」とは、「風化と更新」をその特性とする。「豊かな仮設」における建築は、数年で建物自体が部材の劣化によって風化していくものである。しかし、風化していく度に、進行形で移り変わる状況に対応していくような可変的な身体を志向する。ちょうど戦後の焼け野原に建ったバラックのように。」

2020年のその先の東京を問う、気鋭作家による貴重な展示となっている。

©立入禁止

©山田はじめ

©KOURYOU

関連記事

EVENT

  • テクノロジーがもたらすユートピアとディストピア ロ...
    2017年9月15日
  • 1_WALL審査委員と“表現”について考察する夜 ...
    2017年9月11日
  • 歴史的な新聞記事に“一言”を重ねる村上周のアートワ...
    2017年9月8日
  • 新井薬師前スタジオ35分で夏の終わりの本の祭り イ...
    2017年9月7日
  • 1965年、電通時代のアラーキーが撮ったキャビネ版...
    2017年9月6日

RANKING

  • no.1
    話題の赤羽に「茶」をテーマにしたホテル「ICHINICHI」&バー「3...
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    ヤカンを目指して西荻を巡る 西荻窪界隈の101店舗が参加する「西荻茶散...
  • no.5
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
PAGE TOP