logo_s

コムアイや会田誠がモデルに ヒューマンビジュアルマガジン『SKYDIVING MAGAZINE』3号発売記念展示 CALM & PUNK GALLERY「FINAL ANSWER」(港区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2017年9月2日〜2017年9月10日 港区
コムアイや会田誠がモデルに ヒューマンビジュアルマガジン『SKYDIVING MAGAZINE』3号発売記念展示 CALM & PUNK GALLERY「FINAL ANSWER」(港区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

港区西麻布のCALM & PUNK GALLERYで『SKYDIVING MAGAZINE』3号発売記念展示「FINAL ANSWER」が開催される。会期は2017年9月2日(土)から9月10日(日)。

「FINAL ANSWER」キービジュアル

『SKYDIVING MAGAZINE』は、村田実莉氏と平野正子氏によって2016年に結成されたアートユニット。年に2回のヒューマンビジュアルマガジンを発行しており、アートディレクション、グラフィックデザイン、撮影、スタイリングまですべて二人で担っている。

©SKYDIVING MAGAZINE

©SKYDIVING MAGAZINE

3号目となる「FINAL ANSWER」には、ミュージシャンのコムアイや現代美術家の会田誠氏などがモデルとして登場しており、展示もその内容に即したものになるという。

©SKYDIVING MAGAZINE

©SKYDIVING MAGAZINE

〈作家ステイトメント〉
光と影、白と黒、男と女、愛と憎しみ、左耳と右耳、対になった両極にあるどちらか、あるいはその中間に正解や不正解があるわけでもなく、
私たちは遍在する物たちの間を右往左往しながら立ち位置や居場所を見つけて生きている。
何かをすることはもちろん、何もしないことでさえも選択であり、人生はその繰り返しで形作られていく。
だれしもが生まれてから死んでゆくまでの過程でいくつもの選択を迫られ、その度に心の中では様々な思惑がせめぎ合う。
それゆえに、自分の答えを見つけられない時には、他の何かに助けを求め「神様が見ている。」「占いはそう言っていた。」と言って自己の 外に人目という存在を作り上げ判断を委ねることすらある。
社会の中で表層では何かの形を取り繕いながらも、心の中で私たちは答えをいつも探している。

たとえどんな結果が待ち受けていたとしても、あなたの選んだ答えこそがFINAL ANSWER

会期に先駆け、9月1日(金)にはオープニングレセプションを開催予定。

関連記事

EVENT

  • テクノロジーがもたらすユートピアとディストピア ロ...
    2017年9月15日
  • 1_WALL審査委員と“表現”について考察する夜 ...
    2017年9月11日
  • 歴史的な新聞記事に“一言”を重ねる村上周のアートワ...
    2017年9月8日
  • 新井薬師前スタジオ35分で夏の終わりの本の祭り イ...
    2017年9月7日
  • 1965年、電通時代のアラーキーが撮ったキャビネ版...
    2017年9月6日

RANKING

  • no.1
    話題の赤羽に「茶」をテーマにしたホテル「ICHINICHI」&バー「3...
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    ヤカンを目指して西荻を巡る 西荻窪界隈の101店舗が参加する「西荻茶散...
  • no.5
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
PAGE TOP