logo_s

若手噺家ユニット成金による新作落語11席! 成城ホール「成城超成金 ぜ〜んぶネタおろし!第2回」(世田谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2017年9月30日 世田谷区
若手噺家ユニット成金による新作落語11席! 成城ホール「成城超成金 ぜ〜んぶネタおろし!第2回」(世田谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

世田谷区成城の成城ホールで「成城超成金ぜ〜んぶネタおろし!第2回」が開催される。日程は2017年9月30日(土)。昼夜2公演の2部制。

「成城超成金 ぜ〜んぶネタおろし!第2回」キービジュアル

2009年の開館当初から、成城ホールが力を入れてきた落語会。看板の師匠から若手まで、今聴いておくべき噺家を招いた独自企画を展開している。

成城ホール多目的ホール(公式ホームページより)

本公演は2016年5月に第1回が行われた「成城超成金ぜ〜んぶネタおろし!」の第2回。総勢11名からなる若手噺家ユニット「成金」のメンバー全員がこの日のために猛特訓したネタを初披露するという、画期的な内容になっている。

出演予定の噺家と演目は以下のとおり。

〈昼の部〉

桂伸三 『鰍沢』
春風亭昇也 『壺算』
神田松之丞 『安兵衛婿入り』
春風亭柳若 『小言幸兵衛』
三遊亭小笑 『猫の災難』
春風亭昇々 『船徳』

〈夜の部〉

桂宮治 『粗忽の釘』
瀧川鯉八 『締め込み』
昔昔亭A太郎 『へっつい幽霊』
笑福亭羽光 『私小説落語~中村家三代記~』
柳亭小痴楽 『五人廻し』

噺家たちは高座を繰り返しながらその話を育てていく。それが落語の面白いところだが、いわゆる「ネタおろし」と呼ばれる新作を11席も堪能できる機会はなかなかない。今後その話がどう育っていくかを楽しむ意味でも、貴重なイベントとなりそうだ。

関連記事

EVENT

  • Sujin Kimが作る100点のマグネット作品 ...
    2018年2月3日
  • グランプリは誰の手に? ファイナリスト6名による個...
    2018年1月30日
  • commune、SUPPLY TOKYO、UPPE...
    2018年1月29日
  • 現代美術アーティスト加賀美健が取り憑かれたように集...
    2018年1月26日
  • 写真家・忠地七緒がモデル赤坂由梨を台北で撮りおろし...
    2018年1月22日

RANKING

  • no.1
    Pヴァインが考えるニュースタンダードなコンビニとは 下北沢に誕生した「...
  • no.2
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.3
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.4
    Supremeとギャルソンのロゴ&アイコンをグリッチ刺繍でカ...
  • no.5
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
PAGE TOP