logo_s

春風亭正太郎の廓噺と怪談で涼む吉原の夜 カストリ書房主催の落語会「納涼・怪談くるわ噺」(台東区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2017年8月11日 台東区
春風亭正太郎の廓噺と怪談で涼む吉原の夜 カストリ書房主催の落語会「納涼・怪談くるわ噺」(台東区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

台東区千束のカストリ書房が落語会「納涼・怪談くるわ噺」を開催する。日程は2017年8月11日(金・祝)、会場は同じく千束にある料亭「金村」。

「納涼・怪談くるわ噺」で高座にあがる、落語家・春風亭正太郎(shoutarou.com)。

会場となる料亭「金村」。創業110年を超える「桜なべ中江」の別館だ。

かつて遊郭“吉原”が広がり、花街として栄えた台東区千束。その、まさに郭があった区画の中に店を構える遊郭専門書店・カストリ書房は、遊郭をはじめ日本の性風俗に関する書籍を多く取り揃えており、積極的に落語会や出版イベントの開催も行っている。

落語会2回目となる今回は、噺家に春風亭正太郎を招き、遊廓や遊女を舞台にした「お見立て」、「三枚起請」といった廓噺のほか、夏らしい怪談「反魂香(はんごんこう)」をお届けする。それぞれの噺のあらすじなどは以下のとおり。

■「反魂香」のあらすじと解説

あらすじ:隣の部屋から毎晩聞こえてくる叩く鉦(かね)の音がうるさいと、文句を言いに行った八五郎。部屋の主は坊主だが、島田重三郎(後述)が出家した姿だという。坊主は八五郎の目の前で、反魂香を焚いてみせる。すると煙の中から死んだはずの高尾太夫の姿が現れる。これを見た八五郎は、三年前に死んだ女房に会いたいと反魂香を欲しがるが……。

解説:「反魂香」とは中国で言い伝えられるお香のこと。死人の魂を呼び戻して煙の中にその姿を見ることが出来る、とされます。仙台藩3代藩主・伊達綱宗は郭好きで知られており、吉原の遊廓・三浦屋の抱え遊女「2代目高尾」を身請けしたと言われます。ところが高尾は夫婦のちぎりを交わした男、島田重三郎に操を立てて心を許しませんでした。逆上した綱宗は高尾を裸にし、隅田川三ツ又の船中で吊し切りにして首をはねた、と言います。「反魂香」はこの俗説を元にした上方落語「高尾」を江戸前にした作品です。幽霊は出てきますが純然たる怪談噺ではなく、むしろ滑稽噺と言えるような演目です。

■「お見立て」のあらすじ

吉原遊廓の花魁 喜瀬川の元へ通ってくる杢兵衛(もくべえ)大尽。喜瀬川に首ったけだが、当の喜瀬川は杢兵衛の顔も見るのも苦痛。ある夜、喜瀬川は仮病を使い追い杢兵衛を追い返そうとするが…。

■「三枚起請」のあらすじ

棟梁が遊廓通いが過ぎる半公を諫めたところ「年季が明けたら一緒になる」という遊女からの起請文を見せびらかす。ところが棟梁も同じ起請文を持っていた。さらにもう一人、同じ起請文をもつ男が現れたから、さぁ大変。三人は自分たちを手玉にとった遊女へ仕返ししようとする。

公式サイトより)

イベントは二部構成で、13時30分開演の「午後の部」では「反魂香」と「お見立て」を、16時30分開演の「夕方の部」では「反魂香」と「三枚起請」と、それぞれ演目が異なっている。定員は各回40名の入れ替え制。木戸銭(料金)は2500円で、オンラインショップからの事前予約が必須となっているため、早めの申し込みを。

なお当日もカストリ書房は通常営業を行っており、落語会の会場「金村」とは徒歩3分ほどの至近距離。ぜひ会の前後に店舗へも立ち寄ってみてほしい。

関連記事

EVENT

  • 今年も高架下で踊る! 竪川親水公園「第36回すみだ...
    2017年8月22日
  • 若手噺家ユニット成金による新作落語11席! 成城ホ...
    2017年8月18日
  • 柔らかな色彩からこぼれる生命力 木版技法を用いた新...
    2017年8月10日
  • シモキタ高架下のイベントパークが1周年!オオゼキの...
    2017年8月9日
  • 新宿のネオンに光るおしゅし 新宿眼科画廊で1年ぶり...
    2017年8月8日

RANKING

  • no.1
    今年も高架下で踊る! 竪川親水公園「第36回すみだ錦糸町河内音頭大盆踊...
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    〈東京、視線の片隅で〉第3回「タバコ屋の兼業」
  • no.4
    池尻の住宅街に現れた黒い一軒家 クリエイティブチームCEKAI(セカイ...
  • no.5
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
PAGE TOP