logo_s

小さなアンティークの魅力に出会う 表参道PASS THE BATONで「東京小さいものクラブ」(渋谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2017年7月27日〜2017年8月6日 渋谷区
小さなアンティークの魅力に出会う 表参道PASS THE BATONで「東京小さいものクラブ」(渋谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

渋谷区神宮前のPASS THE BATONで、展示販売企画「東京小さいものクラブ ~world antiques jewelry & wonderful small world~」が開催される。会期は2017年7月27日(木)から8月6日(日)まで。

「東京小さいものクラブ ~world antiques jewelry & wonderful small world~」キービジュアル

本イベントを主催する「Million Dollars Department」は、ヨーロッパのアンティークのジュエリーや”小さいもの”を中心に収集し、自らアンティークマーケットやフードイベントを企画しているショップ。2007年に中目黒に実店舗をオープン後、代官山、福岡と拠点を移しながら2017年に再び帰京。現在は北沢に住居兼事務所を構え、アポイントメント制でアンティーク商材やビンテージテーブルウェアの貸出を行っている。

本イベントは、「いつもとちがうアンティークを見つけてもらう」ために、ジュエリーと”小さいもの”にスポットを当て、ギャラリー形式で展開される。参加するのは「Million Dollars Department」をはじめとする以下のディーラー陣。

〈参加ディーラー〉

ANONYME (アノニム)
Boop Poop A Doop (ブプッピドゥー)
BROWN ANTIQUES (ブラウンアンティース)
COVIN (コヴィン)
Hi Monsieur (ハイムッシュ)
裏庭 (ウラニワ)
Libra (リーブラ)
misaki fève atelier (ミサキフェーヴアトリエ)
Million Dollars Department (ミリオンダラーズデパートメント)
snygg (スニッグ)
SNOW SHOVELING (スノウショベリング)
zugana antiques (スガナアンティークス)

整然と並べられた小さいものには夢がある。
ぱっと目を惹く様な形のあるアンティークも素敵だけど、買付けに行くたびに探してしまう小さいもの。
それは実用的でないものだったり、何かのカケラだったりもするけれど、
何度も行き来して探し当てた小さいものには、自分だけの特別な魅力が宿る気がする。

関連記事

EVENT

  • テクノロジーがもたらすユートピアとディストピア ロ...
    2017年9月15日
  • 1_WALL審査委員と“表現”について考察する夜 ...
    2017年9月11日
  • 歴史的な新聞記事に“一言”を重ねる村上周のアートワ...
    2017年9月8日
  • 新井薬師前スタジオ35分で夏の終わりの本の祭り イ...
    2017年9月7日
  • 1965年、電通時代のアラーキーが撮ったキャビネ版...
    2017年9月6日

RANKING

  • no.1
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.2
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    ヤカンを目指して西荻を巡る 西荻窪界隈の101店舗が参加する「西荻茶散...
  • no.5
    1965年、電通時代のアラーキーが撮ったキャビネ版プリントを展示 CA...
PAGE TOP