logo_s

『SHUKYU Magazine』4号目は”ユース”がテーマ 中村俊輔や岩政大樹へのインタビューも CAGE GALLERYで記念展示「YOUTH ISSUE Release Exhibition」(渋谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2017年6月10日〜2017年6月25日 渋谷区
『SHUKYU Magazine』4号目は”ユース”がテーマ 中村俊輔や岩政大樹へのインタビューも CAGE GALLERYで記念展示「YOUTH ISSUE Release Exhibition」(渋谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

2015年に創刊されたフットボールカルチャーマガジン『SHUKYU Magazine』の4号目が完成。6月22日(木)に発売となる。これを記念して、渋谷区恵比寿のCAGE GALLERYで「YOUTH ISSUE Release Exhibition」が開催される。会期は2017年6月10日(土)から25日(日)まで。

『SHUKYU Magazine』4号カバー

4号目となる本号では、“ユース”をテーマにした企画を多数盛り込む。

日本独自の文化である「部活」の風景や、体育学者と考える現在の部活を取り巻く状況、「中村俊輔」や「岩政大樹」といった、かつてユース世代を体験してきた元日本代表選手へのインタビュー、ジョン・カビラ、BOTS (Dragon Ash)、中西哲生、Peter Southerland、石川直樹、田根剛、金氏徹平、三宅唱などの様々な業界で活躍する方に聞いた思い出のスパイク、写真家の「嶌村吉祥丸」が撮り下ろした小学生サッカーなど、今号も多彩な切り口でテーマを読み解いていきます。他には、NYをベースに活動するクリエイターのサッカーチーム「Chinatown Soccer Club」や3年ぶりに開催された「大阪ダービー」の写真など、ビジュアルでも楽しめる内容となっております。(プレスリリースより)

松本昇大 石神井高校サッカー部

嶌村吉祥丸 十条 FC

セレッソ大阪 × ガンバ大阪

Chinatown Soccer Club

本展では、こうした雑誌の製作プロセスを体験できるような構成となっている。

また、オリジナルグッズもあわせて製作されており、胸元にFenômeno、Gaucho、The Pitbull、El Ferrariの刺繍を入れた『SHUKYU X CITY BOYS FC TEE』(3800円・税抜き)や、ベルリンを拠点に活動するデザインユニット「シンプル組合」 のとのコラボレーションによるオリジナルノート『SOCCER NOTE』(1200円・税抜き)を用意。

『SHUKYU X CITY BOYS FC TEE』(3800円・税抜き)

Gauchoの刺繍

『SOCCER NOTE』

また、〈Hender Scheme〉旗艦店「スキマ」(渋谷区恵比寿2-17-20 長谷川ビル)にて、最新号の先行発売も実施する。

関連記事

EVENT

  • テクノロジーがもたらすユートピアとディストピア ロ...
    2017年9月15日
  • 1_WALL審査委員と“表現”について考察する夜 ...
    2017年9月11日
  • 歴史的な新聞記事に“一言”を重ねる村上周のアートワ...
    2017年9月8日
  • 新井薬師前スタジオ35分で夏の終わりの本の祭り イ...
    2017年9月7日
  • 1965年、電通時代のアラーキーが撮ったキャビネ版...
    2017年9月6日

RANKING

  • no.1
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.2
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    ヤカンを目指して西荻を巡る 西荻窪界隈の101店舗が参加する「西荻茶散...
  • no.5
    1965年、電通時代のアラーキーが撮ったキャビネ版プリントを展示 CA...
PAGE TOP