logo_s

FREITAGのFundamental lineが空間を彩る ハギレを使ったワークショップも パスザバトン表参道でエキシビジョン「PALETTE」(渋谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2017年6月15日〜2017年7月9日 渋谷区
FREITAGのFundamental lineが空間を彩る ハギレを使ったワークショップも パスザバトン表参道でエキシビジョン「PALETTE」(渋谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

渋谷区神宮前のパスザバトン表参道で、バッグブランド〈FREITAG〉によるエキシビジョン「PALETTE」が開催される。会期は2017年6月15日(木)から7月9日(日)まで。

「PALETTE」キービジュアル

1993年にチューリッヒで生まれたバッグブランド〈FREITAG〉。世界中を走ってきたトラックタープ(幌)をリサイクルしてバッグを製作し、リサイクリング・バッグ産業を率いてきた。

本展では、〈FREITAG〉のブランドラインのひとつで、創立から現在までベーシックプロダクトであり続けている「Fundamental line」をフィーチャー。そのカラーやパターンにスポットを当て、ラインの中でも特に人気の高い「F52 MIAMI VICE」を中心に展示する。日頃、店頭では「V30 FREITAG Skid」と呼ばれるユニット型の収納棚に格納されている〈FREITAG〉が、グラフィカルに空間を彩る。

ワークショップイメージ(プレスリリースより)

ワークショップイメージ(プレスリリースより)

会期中6月25日(日)には、トラックタープのハギレを使って『F』の文字を型どったオリジナルキーホルダーを製作するワークショップも開催。当日11時から受付となる。先着順で100名まで。

関連記事

EVENT

  • テクノロジーがもたらすユートピアとディストピア ロ...
    2017年9月15日
  • 1_WALL審査委員と“表現”について考察する夜 ...
    2017年9月11日
  • 歴史的な新聞記事に“一言”を重ねる村上周のアートワ...
    2017年9月8日
  • 新井薬師前スタジオ35分で夏の終わりの本の祭り イ...
    2017年9月7日
  • 1965年、電通時代のアラーキーが撮ったキャビネ版...
    2017年9月6日

RANKING

  • no.1
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.2
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    ヤカンを目指して西荻を巡る 西荻窪界隈の101店舗が参加する「西荻茶散...
  • no.5
    1965年、電通時代のアラーキーが撮ったキャビネ版プリントを展示 CA...
PAGE TOP