logo_s

Supremeとギャルソンのロゴ&アイコンをグリッチ刺繍でカスタム 新宿眼科画廊でNukeme×GraphersRock合作展「Dear Supreme, Dear PLAY」(新宿区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2017年6月9日〜2017年6月14日 新宿区
Supremeとギャルソンのロゴ&アイコンをグリッチ刺繍でカスタム 新宿眼科画廊でNukeme×GraphersRock合作展「Dear Supreme, Dear PLAY」(新宿区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

新宿区新宿の新宿眼科画廊で、Nukeme氏とGraphersRock氏による合作展「Dear Supreme, Dear PLAY」が開催される。会期は2017年6月9日(金)から6月14日(水)まで。

「Dear Supreme, Dear PLAY」キービジュアル

「Dear Supreme, Dear PLAY」キービジュアル

洋服を根本的なメディアでありコミュニケーションツールと捉え、洋服をベースとした作品を主に制作するNukeme氏。「NUKEMECAPS」やUcnv氏とコラボレーションした「Coat by Nukeme and Ucnv」のように、自らの作品表現を身近なファッションアイテムに落とし込むため、それらを実際に身にまとうことができるのも大きな魅力といえる。

「Dear Supreme, Dear PLAY」より

「Dear Supreme, Dear PLAY」より

「Dear Supreme, Dear PLAY」より

今回ともに作品を制作するのは、グラフィッカーのGraphersRock氏。アートディレクター岩屋民穂氏のグラフィッカー名義で、サイバーパンクやテクノカルチャーをバックグラウンドに持ちながらグラフィックワークを展開している。

本展は、元々GraphersRock氏が私物として持っていた、ファッションブランド〈Supreme〉のキャップのカスタムをNukeme氏に依頼したことからスタートしたという。

90年代のストリートカルチャーやクラブカルチャーに多大な影響を受けてきたGraphersRockは、特に思い入れの強いブランドとしてSupremeを挙げています。その愛の強さゆえ、昨今のSupremeを取り巻く、一種過剰とも言える盛り上がりに疑問を持っていたと言います。この状況への一つの抵抗として、既存のロゴを刺繍データのグリッチによって変容させるNukemeの作品を経由し、現代の自分のリアリティを表明しようとしたことが、今回の展示のきっかけとなっています。さらに、Nukemeがファッションデザイナーを志すきっかけの一つとなったブランドである、COMME des GARÇONSのPLAYを加えることで、2人のそれぞれのブランドに対する、ある種の愛情表現が、今回の展示作品へと結実していきました。(公式サイトより)

「Dear Supreme, Dear PLAY」より

「Dear Supreme, Dear PLAY」より

〈Supreme〉の新作発売日には、その希少な商品を求めて開店前から長蛇の列ができる。ふたりは、本展の作品制作のために、実際に正規店に早朝から並び、商品を購入したという。

こうしたフィールドワークから得られた体験が、どのように作品に反映されているのか。ぜひ確かめてみてほしい。

〈Statement〉

90年代のストリートカルチャーに強く影響され、それを引きずるような 気持ちでずっとSupremeのキャップをかぶっていた。そんな思いの中、昨今のSupremeを取り巻く雰囲気に違和感を感じ、キャップのコレクションをヌケメ君に預け、グリッチ刺繍を施してもらったことが今回の展示のきっかけとなっている。ブランドを身につけるということが自分の態度を表し、内面を具現化する1つの行為でならば、Supremeに敬意を払いつつも少し違った角度でキャップをかぶり続けたいという思いからだ。
これは純粋なファンアートだ。SupremeもPLAYも心から愛している。
————– Tamio Iwaya(GraphersRock)

企業のロゴやアイコンにグリッチをかける作品を作っていると、「(その)企業の姿勢を批判している」と捉えられることがよくあるけど、単にそういうことでもなくて、逆に、もし批判を目的にモチーフを選びだすと、ストレートすぎてつまらなくなるだろうなと思っている。ロゴが持っている文脈をある程度把握してないと、作品化することは難しいし、リアリティが無くなってしまう。結局のところ、特に今回は自分たちの「思い入れ」があるもの、としてSupremeとPLAYを選んだわけで、そういう意味で「Dear」というタイトルがつけられてよかったと思っている。
——————— Nukeme

GraphersRock氏近影

Nukeme氏近影

関連記事

EVENT

  • ロックや歌謡曲のレコジャケが動物に 写実画家・濱口...
    2017年7月15日
  • 渋さ知らズの舞台美術を手がける青山健一個展 会期中...
    2017年7月13日
  • メディアからサイズ、プリント手法まで 「写真」の枠...
    2017年7月12日
  • たかくらかずき新作は体験型VR&レンチキ...
    2017年7月11日
  • 小さなアンティークの魅力に出会う 表参道PASS ...
    2017年7月10日

RANKING

  • no.1
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    池尻の住宅街に現れた黒い一軒家 クリエイティブチームCEKAI(セカイ...
  • no.4
    パンの未来は世田谷にある 〜パンラボ池田浩明による世田谷パン論〜
  • no.5
    無類の角打ち狂Mantaschool a.k.a MC.sirafuが...
PAGE TOP