logo_s

顔面占い師、イラストレーター、コラムニスト 3つの顔を持つ日橋慶充の観察眼が光る 表参道ROCKET「ニッパシの人間採集」展(渋谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2017年6月16日〜2017年6月21日 渋谷区
顔面占い師、イラストレーター、コラムニスト 3つの顔を持つ日橋慶充の観察眼が光る 表参道ROCKET「ニッパシの人間採集」展(渋谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

渋谷区神宮前の表参道ROCKETで、イラストレーター・コラムニストの日橋慶充氏による「ニッパシの人間採集」展が開催される。会期は2017年6月16日(金)から6月21日(水)まで。

「ニッパシの人間採集」展 キービジュアル

主に新宿および渋谷界隈に出没し、独特のタッチで人物の似顔絵を描く日橋氏。その活動はイラストレーターの枠に留まらず、コラムニスト、さらには「顔面占いニッパシ館」として活躍する顔面占い師の顔も持ち合わせている。こうした独自の視点を活かし、街中にひそむ一風変わった人々を観察&スケッチし、ネーミングまで行うのがニッパシ作品の魅力だ。

©日橋慶充

©日橋慶充

本展では、ジャンルごとの箱に採集した立体作品の展示&販売と、さまざまなキャラクターによるグッズを販売する。

©日橋慶充

©日橋慶充

『タイムアウト東京マガジン』中国語版4号表紙

初日のオープニングパーティーでは、会場に「顔面占いニッパシ館」がオープン。顔面占いを開催する。日橋氏のユーモラスなトークを聞きながら、世界にひとつしかない似顔絵を描いてもらおう。

日橋慶充氏 近影

関連記事

EVENT

  • テクノロジーがもたらすユートピアとディストピア ロ...
    2017年9月15日
  • 1_WALL審査委員と“表現”について考察する夜 ...
    2017年9月11日
  • 歴史的な新聞記事に“一言”を重ねる村上周のアートワ...
    2017年9月8日
  • 新井薬師前スタジオ35分で夏の終わりの本の祭り イ...
    2017年9月7日
  • 1965年、電通時代のアラーキーが撮ったキャビネ版...
    2017年9月6日

RANKING

  • no.1
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.2
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    ヤカンを目指して西荻を巡る 西荻窪界隈の101店舗が参加する「西荻茶散...
  • no.5
    1965年、電通時代のアラーキーが撮ったキャビネ版プリントを展示 CA...
PAGE TOP