logo_s

ビビットなグラフィティと花瓶が映えるMUSTONEの最新作 INS Studioで個展「mustone stage 8」(渋谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2017年5月27日〜2017年6月10日 渋谷区
ビビットなグラフィティと花瓶が映えるMUSTONEの最新作 INS Studioで個展「mustone stage 8」(渋谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

渋谷区円山町のINS Studioで、アーティストMUSTONEの新作個展「mustone stage 8」が開催されている。会期は2017年5月27日(土)から6月10日(土)まで。

「mustone stage 8」キービジュアル

徳島県を拠点に活動するMUSTONEは、多摩美術大学デザイン学科を卒業後、「カングロウインザダーク」や「ネコマン」などのマンガをベースとした作品集を発表し、アーティストとして2005年には「愛・地球万国博覧会」でのライブペインティングを行った。グループ展などにも参加するほか精力的に個展も開催し、2006年からは「妖怪」の名を関した個展を数回にわたって展開している。

最新となる個展の情報は、ロボットのようなグラフィティと、その前に多数の花瓶が置かれたリリース画像のみ。ぜひ直接会場に訪れて、最新作に触れてみてほしい。

関連記事

EVENT

  • テクノロジーがもたらすユートピアとディストピア ロ...
    2017年9月15日
  • 1_WALL審査委員と“表現”について考察する夜 ...
    2017年9月11日
  • 歴史的な新聞記事に“一言”を重ねる村上周のアートワ...
    2017年9月8日
  • 新井薬師前スタジオ35分で夏の終わりの本の祭り イ...
    2017年9月7日
  • 1965年、電通時代のアラーキーが撮ったキャビネ版...
    2017年9月6日

RANKING

  • no.1
    話題の赤羽に「茶」をテーマにしたホテル「ICHINICHI」&バー「3...
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    ヤカンを目指して西荻を巡る 西荻窪界隈の101店舗が参加する「西荻茶散...
  • no.5
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
PAGE TOP