logo_s

ジェイミー・リードからバンクシーまで 音楽とアートを繋ぐグラフィックが集結する展覧会 Bunkamura Galleryで「ART of ROCK & GRAFFITI」(渋谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2017年5月18日〜2017年5月30日 渋谷区
ジェイミー・リードからバンクシーまで 音楽とアートを繋ぐグラフィックが集結する展覧会 Bunkamura Galleryで「ART of ROCK & GRAFFITI」(渋谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

渋谷区道玄坂のBunkamura Galleryで、ジェイミー・リードやバンクシーといった作家のアートワークが集結する「ART of ROCK & GRAFFITI」が開催されている。会期は2017年5月18日(木)から5月30日(火)まで。

Mr.ブレインウォッシュ 「DAVID BOWIE」 シルクスクリーン(公式サイトより)

時代ごとのミュージックシーンを築き上げ、今日におけるまで伝説とも呼ばれるミュージシャンたちは、楽曲だけでなくファッションやアート、ライフスタイルまでもが、その時代の若者に多大な影響を与え、カルチャーを常に巻き起こしてきた。

バンクシー「LOVE BOMB」 シルクスクリーン(公式サイトより)

本展では、ロック、パンク、グラフィティに焦点をあて、時代を彩ったミュージシャンやアーティストたちのアートワークの数々を紹介。アルバムジャケット、ポスターなどのヴィジュアルデザインは、強いメッセージ性を持つアイコンとなって世界中を駆け巡り、ストリートアートやグラフィティなどのアートシーンにつながることになった。

ドルク 「OLD SCHOOL」 紙にステンシル、スプレーペイント(公式サイトより)

セックス・ピストルズの全てのアートワークを手がけたジェイミー・リードや、レッド・ツェッペリンのヴィジュアルデザインを制作するシェパード・フェイリーなど、今や新しいコンテンポラリー・アートとして人気を集め、そして彼らに影響を受けた世代の多くのアーティストたちも、かつてはストリートから衝撃的な作品を発信していた。中でもグラフィティアーティストのバンクシーは賛否両論を巻き起こしながらも、海外オークションで高値がつくなど、現代アートシーンを刺激し続ける象徴となっている。

ストリートから世界へ発信し続け、多くの世代に多大な影響を与え続けたアーティストたちの鮮やかなグラフィックをぜひ感じて欲しい。

〈出品予定アーティスト〉

バンクシー
シェパード・フェイリー
カウズ、ドルク
マーティン・ワトソン
ニック・ウォーカー
Mr.ブレインウォッシュ
ジェイミー・リード
リチャード・アヴェドン
ブライアン・ダフィ
その他

関連記事

EVENT

  • テクノロジーがもたらすユートピアとディストピア ロ...
    2017年9月15日
  • 1_WALL審査委員と“表現”について考察する夜 ...
    2017年9月11日
  • 歴史的な新聞記事に“一言”を重ねる村上周のアートワ...
    2017年9月8日
  • 新井薬師前スタジオ35分で夏の終わりの本の祭り イ...
    2017年9月7日
  • 1965年、電通時代のアラーキーが撮ったキャビネ版...
    2017年9月6日

RANKING

  • no.1
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.2
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    ヤカンを目指して西荻を巡る 西荻窪界隈の101店舗が参加する「西荻茶散...
  • no.5
    1965年、電通時代のアラーキーが撮ったキャビネ版プリントを展示 CA...
PAGE TOP