logo_s

アラスカ、牡鹿半島、石巻 フィールドワークで地域の慣習や文化を丹念に紡ぎだす 是恒さくら個展「沖語り – オキガタリ – 」(千代田区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2017年5月6日〜2017年6月25日 千代田区
アラスカ、牡鹿半島、石巻 フィールドワークで地域の慣習や文化を丹念に紡ぎだす 是恒さくら個展「沖語り – オキガタリ – 」(千代田区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

千代田区神田の3331 Arts Chiyoda内にあるギャラリー「Open hours」で、アーティスト是恒さくら氏の個展「沖語り -オキガタリ-」が開催中だ。会期は2017年5月6日(土)から6月25日(日)まで。

「みっとえきどのけん玉」 鯨髭、毛皮、糸、木材 2015年 50cm (Open hours公式ホームページより)

是恒氏は、現代社会で見過ごされがちな地域の古くからの習わしや文化を取り上げ、現地に赴いて丹念なフィールドワークとインタビュー取材を行い、刺繍や織物、立体作品、それらをまとめた冊子を発表。2015年より継続的に発行している小冊子『ありふれたくじら』では、これまでにアラスカの先住民文化、宮城県牡鹿半島、和歌山県太地町といった異なる地域の捕鯨文化を取り上げ、クジラにまつわる地域ごとの文化の多様性を描き出そうと試みている。

「ありふれたくじら」 (Open hours公式ホームページより)

本展では『ありふれたくじら』と刺繍作品の他に、宮城県石巻市の網地島に暮らす元漁師から聞いた昔話を基に制作した「空想玩具シリーズ」を中心に展示。このシリーズ作品は、「世界各地の玩具には漁や狩猟の作法を小さな遊びから教えるものがある」、ということから着想を得た是恒氏が、網地島で聞いた海洋生物との体験談を後世に伝えるための想像の玩具を作るというもの。素朴でありながらユーモラスな造形と、是恒氏による活き活きとした語り口のテキストが魅力的なシリーズ作品となっている。

「くじらとふねのがらがら」 鯨髭、サメの腸、魚皮、木材 2016年 30cm (Open hours公式ホームページより)

異なる時代、土地の日常にいる者たちをつなげようと試みる是恒氏が、その土地ごとに語り継がれる世界観を空想を絡めながら再び紡ぎだした作品から、ここではないどこか、異なる地の情景を感じていてほしい。

「うみがめさまのがらがら」 動物の腸、米、布、鯨髭 2015年 19cm (Open hours公式ホームページより)

本展に寄せた是恒氏のコメントは以下

浜辺に立ち、遠く沖を見渡す。つま先を誘うように、小さな波が寄せては返す。 頬にまとわりつく潮風を吸い込むと、海はほんの少し、わたしに入り込む。 目の前に広がる海のなかでは、無数の生き物たちが上へ下へ、北へ南へと動き続けているはず。どこかに彼らが姿をあらわさないかと、海面に目を凝らす。 数年前から、海辺のまちを訪れては、そこに暮らす人たちの話を集めてきた。 生涯、漁師として生きてきたおじいさん。生まれた時からずっと、海を見てきたおばあさん。鯨を捕っていた人、食べていた人。 わたしが遠くに見ていた沖を、ずっと近くに知っている人たちだ。 そんな人たちの話す言葉を集めて、反芻しながら沖を眺めると、手の届かなかった海の世界は饒舌に語り出した。 沖を知る人の、物語 ― わたしの出会った「沖語り」に、かたちをもたらし語り直します。
ー 是恒さくら

関連記事

EVENT

  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日

RANKING

  • no.1
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.2
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.3
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.4
    「一陽来復」に集まる人々 金運を招くという早稲田の穴八幡宮を訪ねる
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP