logo_s

吉田昌平の手で浮かび上がる森山大道の“もうひとつの新宿” B GALLERYで個展「新宿(コラージュ)」(新宿区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2017年5月19日〜2017年6月4日 新宿区
吉田昌平の手で浮かび上がる森山大道の“もうひとつの新宿” B GALLERYで個展「新宿(コラージュ)」(新宿区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

新宿区新宿のBEAMS JAPAN 5階にあるギャラリー「B GALLERY」で、アーティスト吉田昌平氏の個展「新宿(コラージュ)」が開催される。会期は2017年5月19日(金)から6月4日(日)まで。

「新宿(コラージュ)」キービジュアル

カタログや書籍のデザイン、展覧会ビジュアルのアートディレクションなどを中心とした仕事の傍ら、アーティストとして字や紙、本を素材、またはテーマに据えたコラージュ作品を生み出してきた吉田氏。2016年に雑誌『BRUTUS』(マガジンハウス)の「森山大道と作る写真特集」への参加をきっかけに、写真家森山大道氏の写真集を素材としたコラージュ作品の制作をスタートしたという。

©吉田昌平

©吉田昌平

©吉田昌平

吉田氏は、森山氏の写真集『新宿』(月曜社)を解体し、全てのページを素材としてコラージュ。そうして完成した全128点におよぶ作品を、今回初めて写真集『Shinjuku(Collage)』として書籍化することとなった。現在CAMPFIREでプロジェクトを公開中で、5月17日(水)23時59分まで支援を受け付けている(CAMPFIRE:森山大道『新宿』をまるまる一冊吉田昌平がコラージュした作品集出版プロジェクト)。版元は編集者、内沼晋太郎氏が主宰する〈numabooks〉だ。

©吉田昌平

©吉田昌平

©吉田昌平

©吉田昌平

本展では、これらの作品群のなかから厳選した作品の展示、販売を行う。会期中、6月3日(土)には、森山氏と『BRUTUS』副編集長の杉江宣洋氏をゲストに迎えたトークイベントも開催予定。

「ぼくは吉田さんのコンセプトによって、すでにぼくの手から離れた
〈もうひとつの新宿〉風景の中を歩き回れることを楽しみにしている。」
ー 森山大道

関連記事

EVENT

  • テクノロジーがもたらすユートピアとディストピア ロ...
    2017年9月15日
  • 1_WALL審査委員と“表現”について考察する夜 ...
    2017年9月11日
  • 歴史的な新聞記事に“一言”を重ねる村上周のアートワ...
    2017年9月8日
  • 新井薬師前スタジオ35分で夏の終わりの本の祭り イ...
    2017年9月7日
  • 1965年、電通時代のアラーキーが撮ったキャビネ版...
    2017年9月6日

RANKING

  • no.1
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.2
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    ヤカンを目指して西荻を巡る 西荻窪界隈の101店舗が参加する「西荻茶散...
  • no.5
    1965年、電通時代のアラーキーが撮ったキャビネ版プリントを展示 CA...
PAGE TOP