logo_s

アーティスト金子潤が黒一色で描き出す日々 小菅HHH galleryで個展「SHESAW」(葛飾区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2017年5月13日〜2017年5月28日 足立区
アーティスト金子潤が黒一色で描き出す日々 小菅HHH galleryで個展「SHESAW」(葛飾区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

葛飾区小菅のHHH galleryで、アーティスト金子潤の個展「SHESAW」が開催されている。日程は2017年5月13日(土)から5月28日(日)まで。会期中、金、土、日、祝日のみオープン。

「SHESAW」キービジュアル

金子潤氏は、福島県福島市を拠点に活躍する画家。服飾、アンティーク、音楽に影響され制作を始め、自身の作品制作を続けてきた。さらにCD、レコードのアルバムカバー制作や、日用品のデザインワーク、数々のファッションブランドとも共同制作を行うなど、生活にまつわる様々なデザイン面にも自身の作品を落とし込んでいる。

「夕飯ごっこ」

「空から」

本展では、絵本のアートワークを中心とする70点以上のキャンバス作品を展示。5月13日より発売開始となる作家初の絵本『SHESAW』のコンセプトに沿った構成となっており、会場でも絵本、作品を販売する。

「生きるということ」

キャンバスに黒一色で描かれる規則性を持った作品達は、家族との日常、地域との繋がり、暮らしを装う喜びや、誰もが持っている不完全さ、痛み、それらを受け入れる日々を淡々と記録しているかのようです。
展示会プレスリリースより

なかでも上記の「生きるということ」という作品は、HHH gallery代表の半澤順子氏いちおしの作品だという。黒一色で描き出す、繊細ながら力強い線の魅力を、ぜひその目で確かめてみてほしい。

関連記事

EVENT

  • テクノロジーがもたらすユートピアとディストピア ロ...
    2017年9月15日
  • 1_WALL審査委員と“表現”について考察する夜 ...
    2017年9月11日
  • 歴史的な新聞記事に“一言”を重ねる村上周のアートワ...
    2017年9月8日
  • 新井薬師前スタジオ35分で夏の終わりの本の祭り イ...
    2017年9月7日
  • 1965年、電通時代のアラーキーが撮ったキャビネ版...
    2017年9月6日

RANKING

  • no.1
    話題の赤羽に「茶」をテーマにしたホテル「ICHINICHI」&バー「3...
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    ヤカンを目指して西荻を巡る 西荻窪界隈の101店舗が参加する「西荻茶散...
  • no.5
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
PAGE TOP