logo_s

祝パピエラボ10周年!貴重な商品見本やお蔵入りアイテムを展示販売 渋谷SPBSで期間限定出張ショップ「PAPIER LABO. KIOSK」(渋谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2017年5月1日〜2017年5月14日 渋谷区
祝パピエラボ10周年!貴重な商品見本やお蔵入りアイテムを展示販売 渋谷SPBSで期間限定出張ショップ「PAPIER LABO. KIOSK」(渋谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

渋谷区神山町のSHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS(以下SPBS)で、PAPIER LABO.(以下パピエラボ)の創立10周年を記念した期間限定出張ショップ「PAPIER LABO. KIOSK」が開催されている。会期は2017年5月1日(月)から5月14日(日)まで。

「PAPIER LABO. KIOSK」キービジュアル

2007年6月、千駄ヶ谷にオープンした紙と紙にまつわるプロダクトを取り扱うショップ、パピエラボ。ポストカードやレターセット、ノート、紙製のペン入れなど、紙を中心にしたアイテムを多く取り揃え、店頭では活版印刷の受付も行ってきた。2016年には、かつての店舗からほど近い場所に移転。10年経った今もなお、作り手のこだわりが感じられる紙製品を紹介し続けている。

そんなパピエラボの創立10周年を記念して、SPBS内に期間限定出張ショップがオープンする。商品見本や倉庫にお蔵入りしていたアイテム、海外で見つけてアイデアソースとなった紙モノを展示販売。パピエラボの10年間を垣間見ることができる展示となっている。

紙モノというと「アナログ回帰」と考える方も多いかもしれませんが、パピエラボさんはデジタルに逆行しているのではありません。紙をつかった表現が、ひとつの手段としてこの先も残り続けていく可能性を、様々な取り組みを通して探求し続けています。この展示が、表現手段としての「紙」について考えるきっかけになれば幸いです。(SPBSイベントページより)

SPBS外観(SPBS公式Facebookページより)

関連記事

EVENT

  • テクノロジーがもたらすユートピアとディストピア ロ...
    2017年9月15日
  • 1_WALL審査委員と“表現”について考察する夜 ...
    2017年9月11日
  • 歴史的な新聞記事に“一言”を重ねる村上周のアートワ...
    2017年9月8日
  • 新井薬師前スタジオ35分で夏の終わりの本の祭り イ...
    2017年9月7日
  • 1965年、電通時代のアラーキーが撮ったキャビネ版...
    2017年9月6日

RANKING

  • no.1
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.2
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    ヤカンを目指して西荻を巡る 西荻窪界隈の101店舗が参加する「西荻茶散...
  • no.5
    1965年、電通時代のアラーキーが撮ったキャビネ版プリントを展示 CA...
PAGE TOP