logo_s

50年前の肖像が蘇る アンディ・ウォーホルとジェラード・マランガの希少アートブックが復刻 POSTで刊行記念展覧会「Screen Tests / A Diary」(渋谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2017年5月12日〜2017年6月4日 渋谷区
50年前の肖像が蘇る アンディ・ウォーホルとジェラード・マランガの希少アートブックが復刻 POSTで刊行記念展覧会「Screen Tests / A Diary」(渋谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

渋谷区恵比寿南のPOSTで、アンディ・ウォーホルとジェラード・マランガのアートブック復刻にあわせた展覧会「Screen Tests / A Diary」が開催される。会期は2017年5月12日(金)から6月4日(日)まで。

カバーイメージ(プレスリリースより)

カバーイメージ(プレスリリースより)

1967年にウォーホルとマランガが手がけた作品集『Screen Tests / A Diary』。初版刊行から50年が経つ今年、5月12日(金)に、日本限定でこの希少本が復刻される。世界で唯一、日本でのみ手が入る作品集となっている。

イーディ・セジウィック(プレスリリースより)

『Screen Tests / A Diary』は、映像フィルムから切り出した写真を用いており、上端と下端のイメージは被写体が途中で切れているラフなトリミングが施されている。写るのはイーディ・セジウィックやサルバドール・ダリ、アレン・ギンズバーグなどの著名人。これらは全て、1960年代にウォーホルがニューヨークのマンハッタンに構えた作品制作スタジオ「ファクトリー」で撮影されたものだ。

サルバドール・ダリ(プレスリリースより)

アレン・ギンズバーグ(プレスリリースより)

「ファクトリー」には、知人を中心とする多くのアーティストや女優、詩人、ミュージシャンが集まった。ウォーホルは、詩人であり写真家でもあるジェラード・マランガとともに訪問者たちを映像に残した。固定した16ミリカメラの前で佇む、じっと動かない著名人たちの肖像は、新しいポートレイトのあり方を美術史に刻んだと言われている。この作品が『Screen Tests』だった。

そして、そのフィルムの一部をプリントした写真と、ファクトリーで初期から作品制作に携わっていたマランガの散文詩を載せ、1967年に作品集『Screen Tests / A Diary』として刊行した。しかし同年に出版されたウォーホルの『Andy Warhol’s Index(Book)』とは対照的にほとんど売れ行きが伸びず、出版社は数年後に在庫を断裁処分。現存数の少ない希少本となったのである。

本展では、本書に収録されたポートレート写真と散文詩を用いたインスタレーションで構成されるという。

関連記事

EVENT

  • テクノロジーがもたらすユートピアとディストピア ロ...
    2017年9月15日
  • 1_WALL審査委員と“表現”について考察する夜 ...
    2017年9月11日
  • 歴史的な新聞記事に“一言”を重ねる村上周のアートワ...
    2017年9月8日
  • 新井薬師前スタジオ35分で夏の終わりの本の祭り イ...
    2017年9月7日
  • 1965年、電通時代のアラーキーが撮ったキャビネ版...
    2017年9月6日

RANKING

  • no.1
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.2
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    ヤカンを目指して西荻を巡る 西荻窪界隈の101店舗が参加する「西荻茶散...
  • no.5
    1965年、電通時代のアラーキーが撮ったキャビネ版プリントを展示 CA...
PAGE TOP