logo_s

建築家・坂茂18年ぶりの個展 世界中で進行するプロジェクトのプロセスを辿る TOTOギャラリー・間で「坂 茂:プロジェクツ・イン・プログレス」(港区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2017年4月19日〜2017年7月16日
建築家・坂茂18年ぶりの個展 世界中で進行するプロジェクトのプロセスを辿る TOTOギャラリー・間で「坂 茂:プロジェクツ・イン・プログレス」(港区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

港区南青山のTOTOギャラリー・間で、建築家・坂茂氏の1999年以来18年ぶり、2回目となる個展「坂 茂:プロジェクツ・イン・プログレス」が開催される。会期は2017年4月19日(水)から7月16日(日)まで。

slide_work_001

ラ・セーヌ・ミュジカル(フランス、パリ近郊/2017) 設計:Shigeru Ban Architects Europe © Nicolas Grosmond (公式ページより)

世界中で建築の設計に携わる一方で、災害支援として紙管を構造体に使ったシェルターや仮設住宅などを提案し続けてきた坂氏。2014年には災害支援と多方面に及ぶ建築活動が高く評価され、「プリツカー賞」を受賞。さらに今年はフランス・パリ郊外に文化施設「ラ・セーヌ・ミュジカル」のオープンを控えている。

slide_work_003

スイス時計会社本社(スイス、ビール/ビエンヌ/進行中)設計:坂茂建築設計/Shigeru Ban Architects Europe © Didier Ghislain (公式ページより)

本展では世界各地で現在進行中のプロジェクトを紹介。坂氏のこれまでのキャリアの中で最大規模となる「ラ・セーヌ・ミュジカル」のコンペから完成までのプロセスに加え、最新建築の模型や資料が展示される。その他、本展が初披露となる複数のプロジェクトの進行状況についても、模型や映像などを用いて紹介。今、改めて「木」という素材の特長や可能性に注目し、木造の屋根、壁面など、ダイナミックなプロジェクトに挑戦しているという坂氏の姿勢から、従来にはない環境性能や居住性の可能性を感じとることができるだろう。

slide_work_005

富士山世界遺産センター(日本、静岡県富士宮市/進行中)設計:坂茂建築設計 © 坂茂建築設計 (公式ページより)

会期初日の4月19日には、坂氏による講演会「坂 茂:作品づくりと社会貢献の両立」が東京・有楽町朝日ホールで開催される。参加受付はTOTOギャラリー・間のオフィシャルサイトで発表中だ。

関連記事

EVENT

  • エアブラシで描いた動物や怪獣がTシャツに 〈He...
    2017年6月13日
  • 『SHUKYU Magazine』4号目は”ユース...
    2017年6月12日
  • FREITAGのFundamental lineが...
    2017年6月9日
  • 写真家・石渡朋が撮り続けてきた“食の風景” 未発...
    2017年6月8日
  • Supremeとギャルソンのロゴ&アイコ...
    2017年6月7日

RANKING

  • no.1
    六本木の禁秘領域で何が起こっているのか サザエBOTの中の人に聞く:「...
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
  • no.5
    脅威のセルフプロデュースJKユニットが東京のアイドルシーンを更新する:...
PAGE TOP