logo_s

オランダ船、ギヤマンの杯、出島商館員など 江戸中期以降の長崎を鮮やかに描く版画100点強 板橋区立美術館で「江戸に長崎がやってきた! 長崎版画と異国の面影」(板橋区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
板橋区
オランダ船、ギヤマンの杯、出島商館員など 江戸中期以降の長崎を鮮やかに描く版画100点強 板橋区立美術館で「江戸に長崎がやってきた! 長崎版画と異国の面影」(板橋区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

板橋区赤塚の板橋区立美術館で、「江戸に長崎がやってきた! 長崎版画と異国の面影」が開催されている。会期は2017年2月25日(土)から3月26日(日)まで。

「江戸に長崎がやってきた! 長崎版画と異国の面影」キービジュアル

「江戸に長崎がやってきた! 長崎版画と異国の面影」キービジュアル(公式サイトより)

長崎版画とは、祝砲を放ちながら長崎港に入港するオランダ船や唐船、ギヤマンの杯や肉料理が並ぶ出島商館員の食卓など、海外との貿易都市である長崎に材を求め、異国趣味に溢れた町の雰囲気を伝える版画のこと。江戸中期から100年以上にわたり長崎で版行され、主に土産物として親しまれてきた。長崎絵としても広く知られている。

針屋版「大清人」(神戸市立博物館/公式サイトより)

針屋版「大清人」(神戸市立博物館/公式サイトより)

文錦堂版「阿蘭陀人」 (長崎歴史文化博物館/公式サイトより)

文錦堂版「阿蘭陀人」
(長崎歴史文化博物館/公式サイトより)

版元無記「阿蘭陀人図」 (長崎歴史文化博物館/公式サイトより)

版元無記「阿蘭陀人図」
(長崎歴史文化博物館/公式サイトより)

いわゆる浮世絵のひとつであるが、長崎という土地柄もあり、中国版画や西洋画の影響を大きく受けている。江戸で流行した浮世絵が鮮やかな色味であるのに対し、長崎版画はいずれも渋い色味で描かれていることが多い。

市中にあった複数の版元が、制作から販売まで一貫して手掛けたこれらの版画には、作者の署名どころか、版元名すらないこともしばしばでした。実態は謎に包まれていますが、西洋画法に秀でた荒木如元や川原慶賀、舶来画を鑑定・模写する唐絵目利まで様々な画人が関わったと推測されています。また、版元・大和屋に入婿した磯野文斎のように、合羽摺を主とした長崎版画の世界に、江戸仕込みの本格的な多色摺で挑み、洗練された作品を世に送り出した絵師もいました。

公式サイトより)

本展覧会では、長崎版画の源流とされる蘇州版画や、その影響が色濃い初期作品から、報道性を盛り込んだ幕末の作品まで約100点を展示。また、長崎で描かれた異国の面影を感じさせる肉筆作品約30点も展示するという。

川原慶賀「長崎蘭館饗宴図」(個人蔵/公式サイトより)

川原慶賀「長崎蘭館饗宴図」(個人蔵/公式サイトより)

会期中には長崎版画に詳しい講師を招いた講演会も行われる。「長崎版画と異国趣味」や「出島の暮らしと描かれたオランダ人」、「長崎版画入門」など、展示内容をより掘り下げる内容だ。

子ども向けの版画ワークショップも開催予定。長崎版画を取り巻く諸相を探りつつ、版画をより身近に感じることができる、貴重な展覧会となっている。

関連記事

EVENT

  • 若手噺家ユニット成金による新作落語11席! 成城ホ...
    2017年8月18日
  • 柔らかな色彩からこぼれる生命力 木版技法を用いた新...
    2017年8月10日
  • シモキタ高架下のイベントパークが1周年!オオゼキの...
    2017年8月9日
  • 新宿のネオンに光るおしゅし 新宿眼科画廊で1年ぶり...
    2017年8月8日
  • Yuma Yoshimura東京で4年ぶり個展 黒...
    2017年8月7日

RANKING

  • no.1
    国内初のInstagram Storiesメディア「lute」誕生! ...
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    若手噺家ユニット成金による新作落語11席! 成城ホール「成城超成金 ぜ...
  • no.4
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
  • no.5
    〈フォトレポート〉第35回すみだ錦糸町河内音頭大盆踊り
PAGE TOP