logo_s

70年代を“パロディ”を軸に振り返る 赤瀬川原平や長谷邦夫のマンガ原稿も 東京ステーションギャラリーで「パロディ、二重の声 ――日本の一九七〇年代前後左右」(千代田区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2017年2月18日〜2017年4月16日 千代田区
70年代を“パロディ”を軸に振り返る 赤瀬川原平や長谷邦夫のマンガ原稿も 東京ステーションギャラリーで「パロディ、二重の声 ――日本の一九七〇年代前後左右」(千代田区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

千代田区丸の内の東京ステーションギャラリーで、「パロディ」をテーマとした企画展「パロディ、二重の声 ――日本の一九七〇年代前後左右」が開催される。会期は2017年2月18日(土)から4月16日(日)まで。

01_popdetop

横尾忠則「POPでTOPを!」(1964年頃/作家蔵)

70年代に入ってから、週刊誌、グラフ誌、マンガ誌などで使用され始めたこの「パロディ」 という言葉は、瞬く間に日本語として定着することになった。本展は1970年代、テレビや雑誌などを通じて流行した「パロディ」を、当時の視覚文化を通じて振り返り、その技術や形式を改めて検討するものとなっている。

03_piglib

吉村益信「豚;Pig Lib」(1994年/大分市美術館蔵)

会場には赤瀬川原平氏や横尾忠則氏といった、時代を彩ったアーティストから、知られざる作家にいたるまで、約300点もの資料や作品を展示。絵画、グラフィック、テレビ映像、裁判記録のほか、長谷邦夫氏がCOM(虫プロ商事)で執筆した「バカ式」といった、めったに見られないマンガ原稿も並ぶ。1からの創造ではなく、既存物に手を加える、この手法について考えることは、今日のデジタル環境におけるオリジナルとコピーをめぐる議論を根本的に考え直す機会にもなるだろう。

02_CocaCola

篠原有司男「Coca-Cola Plan」(1966年/個人蔵)

会期中には南伸坊氏、夏目房之介氏、会田誠氏ら豪華な顔ぶれによるトークイベントも実施される。詳細は、東京ステーションギャラリーのイベントページを確認してほしい。

09_dokusen

河北秀也(AD)「独占者」(1976年/公益財団法人メトロ文化財団蔵)

関連記事

EVENT

  • 中東の世界観を味わう3日間 トルコやレバノン、ウズ...
    2017年12月14日
  • 総勢約35組のアーティストが考える“HENTAI”...
    2017年12月13日
  • “あの鍬(くわ)には開拓の歴史が詰まっている” 北...
    2017年12月12日
  • マイアミアートフェアでも高評価のジューシーなデジタ...
    2017年12月11日
  • フジヤマ、妄想インドカレーネグラ、東京おかっぱちゃ...
    2017年12月11日

RANKING

  • no.1
    フジヤマ、妄想インドカレーネグラ、東京おかっぱちゃんハウス、engag...
  • no.2
    中東の世界観を味わう3日間 トルコやレバノン、ウズベキスタンなどのアク...
  • no.3
    代官餅に舌鼓 438年を経て甦る現代の楽市「世田谷ボロ市」を歩く
  • no.4
    総勢約35組のアーティストが考える“HENTAI”とは 原宿&新宿のト...
  • no.5
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
PAGE TOP