logo_s

暮しの手帖、国策広告、服飾デザイナー 花森安治の足跡をひとつの“運動”として捉える展覧会 世田谷美術館で「花森安治の仕事―デザインする手、編集長の眼」(世田谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2017年2月11日〜2017年4月9日 世田谷区
暮しの手帖、国策広告、服飾デザイナー 花森安治の足跡をひとつの“運動”として捉える展覧会 世田谷美術館で「花森安治の仕事―デザインする手、編集長の眼」(世田谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

世田谷区砧公園の世田谷美術館で「花森安治の仕事―デザインする手、編集長の眼」が開催される。会期は2017年2月11日(土・祝)から4月9日(日)まで。

「花森安治の仕事―デザインする手、編集長の眼」キービジュアル(公式サイトより)

『暮しの手帖』の創刊編集長として広く知られる花森安治。学生時代から校内の雑誌編集に携わった花森は、卒業後には広告デザインを手がけるデザイナーとなり、戦時中の国策広告なども手がけたという。終戦後の1946年3月、大橋鎭子を社長とする衣裳研究所を銀座に設立。新進の服飾評論家としてデビューし、誰でも簡単に作れる洋服を提案した『スタイル・ブック』を出版。次いで、1948年9月に生活家庭雑誌『美しい暮しの手帖』を創刊、これがのちの『暮しの手帖』となった。

中吊り広告「暮しの手帖 1世紀99号」、デザイン:花森安治、1969年2月1日刊行用、世田谷美術館蔵(公式サイトより)

中吊り広告「暮しの手帖 1世紀99号」、デザイン:花森安治、1969年2月1日刊行用、世田谷美術館蔵(公式サイトより)

創刊号の表紙(公式サイトより)

創刊号の表紙(公式サイトより)

取材する花森安治、1970年代初頭、写真提供:暮しの手帖社(公式サイトより)

取材する花森安治、1970年代初頭、写真提供:暮しの手帖社(公式サイトより)

〈衣・食・住〉を基本にすえつつ、もののない時代には〈工夫とアイデア〉による豊かな暮しを提案、電化製品が普及した高度成長期には〈日用品の商品テスト〉を実施、そして食品添加物や公害問題が叫ばれた70年代には〈社会の矛盾を鋭くえぐる批評〉を誌面で展開し、ペンで権力に挑みました。30年間にわたり一切広告を入れず発行100万部に迫るまでに成長させた雑誌『暮しの手帖』を舞台に、表紙画からカット、レイアウト、新聞広告、中吊り広告まで、取材や執筆はもとより、制作から宣伝まで、すべてを手がけたのが編集長・花森安治だったのです。

公式サイトより)

本展では、暮しの手帖社の全面的な協力のもと、花森安治が遺した多数の稀少資料約750点を展覧する。また、戦時中に大政翼賛会の外郭団体に籍を置きながら手がけた広告作品にも着目。花森が全身全霊をかけて打ち込んだ出版活動を、ひとつの雑誌を超えた「運動」として捉え、多彩な仕事のなかからその思想を探る。

ポスター「買はないで、すませる工夫」、1943年、デザイン:村上正夫、発行:大政翼賛会、アド・ミュージアム東京蔵(公式サイトより)

ポスター「買はないで、すませる工夫」、1943年、デザイン:村上正夫、発行:大政翼賛会、アド・ミュージアム東京蔵(公式サイトより)

花森の作品そのものともいえる『暮しの手帖』は、現在も刊行を続け通巻485号を迎えている。時代を越えて受け継がれる花森のメッセージに、改めて耳を傾ける貴重な展示だ。

関連記事

EVENT

  • エアブラシで描いた動物や怪獣がTシャツに 〈He...
    2017年6月13日
  • 『SHUKYU Magazine』4号目は”ユース...
    2017年6月12日
  • FREITAGのFundamental lineが...
    2017年6月9日
  • 写真家・石渡朋が撮り続けてきた“食の風景” 未発...
    2017年6月8日
  • Supremeとギャルソンのロゴ&アイコ...
    2017年6月7日

RANKING

  • no.1
    六本木の禁秘領域で何が起こっているのか サザエBOTの中の人に聞く:「...
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
  • no.5
    脅威のセルフプロデュースJKユニットが東京のアイドルシーンを更新する:...
PAGE TOP