logo_s

植本一子最新刊『家族最後の日』出版を記念した写真展 作中に登場する写真の展示や書籍販売も 渋谷Nidi galleryで「家族最後の日の写真」(渋谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2017年2月1日〜2017年2月7日 渋谷区
植本一子最新刊『家族最後の日』出版を記念した写真展 作中に登場する写真の展示や書籍販売も 渋谷Nidi galleryで「家族最後の日の写真」(渋谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

渋谷区桜丘町のNidi galleryで写真家で文筆家の植本一子氏の写真展「家族最後の日の写真」が開催されている。会期は2017年2月1日(水)から2月7日(火)。

キービジュアル

「家族最後の日の写真」キービジュアル(公式サイトより)

2月1日(水)に最新刊『家族最後の日』(太田出版)を刊行した植本一子氏。本作は前作『かなわない』(タバブックス)以降、自身のまわりに起こった、母との絶縁、義弟の自殺、夫の癌といった出来事を綴った一冊となっている。刊行を記念してオープンした特設サイトでは、本作の試し読みができるようになっている。

『家族最後の日』(大田出版)

『家族最後の日』(1,700円税別/大田出版)

本展では、作中にも登場する植本氏が撮影した写真を展示する。また『家族最後の日』の販売も行うという。会期は2月7日(火)までの6日間となっているので、気になる方はお早めに。

関連記事

EVENT

  • 大正7年創業の羽車が魅せる紙の魅力 KIGIによる...
    2017年3月21日
  • 岡野弥生商店とカストリ書房で同時開催 “春画”と“...
    2017年3月17日
  • 独特のユーモアを放つBRIDGE SHIP HOU...
    2017年3月17日
  • ユダヤ人たちが放浪とともに育んだ食文化を味わう W...
    2017年3月8日
  • 犬、猫、鳥から“珍獣”まで 工芸で表現された動物約...
    2017年3月7日

RANKING

  • no.1
    『東京タラレバ娘』のシンボル「五輪橋」に見る 東京オリンピックの面影
  • no.2
    日本一のソープ街・吉原発のブランドが見据える5年後の吉原:〈新吉原〉デ...
  • no.3
    池尻の住宅街に現れた黒い一軒家 クリエイティブチームCEKAI(セカイ...
  • no.4
    大正7年創業の羽車が魅せる紙の魅力 KIGIによるレターセットも販売 ...
  • no.5
    岡野弥生商店とカストリ書房で同時開催 “春画”と“四十八手”をテーマに...
PAGE TOP