logo_s

九龍ジョー、大石始、柳樂光隆が考える“見えないカルチャー雑誌”とは 銀座EDIT TOKYOで「不可視のカルチャー雑誌を編集する方法」(中央区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2017年1月31日 中央区
九龍ジョー、大石始、柳樂光隆が考える“見えないカルチャー雑誌”とは 銀座EDIT TOKYOで「不可視のカルチャー雑誌を編集する方法」(中央区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

中央区銀座にあるソニービル6階のEDIT TOKYOで九龍ジョー氏、大石始氏、柳樂光隆氏によるトークイベント「不可視のカルチャー雑誌を編集する方法」が開催される。日程は2017年1月31日(火)。

あああ

EDIT TOKYO店内(公式 Facebookページより)

編集活動しながらライターとしても多数媒体で執筆を行い、単著『メモリースティック ポップカルチャーと社会をつなぐやり方』(DU BOOKS)も上梓している編集者の九龍ジョー氏。そして民族音楽や日本の芸能、盆踊りなどに精通し、『ニッポン大音頭時代:「東京音頭」から始まる流行音楽のかたち』(河出書房新社)や『ニッポンのマツリズム 祭り・盆踊りと出会う旅』(アルテスパブリッシング)に著している大石始氏。またジャズを中心とした評論活動を展開し、20代のためのマイルス・デイヴィス・ガイド『MILES:Reimagined』(シンコーミュージック)、21世紀以降のジャズをまとめた世界初のジャズ本『Jazz The New Chapter』(シンコーミュージック)の監修を行っている柳樂光隆氏。

音楽やカルチャーに密接に関わりながら、それぞれに編集や執筆を行っている3人。今回九龍氏氏は、大石氏と柳樂氏とともに本イベントを行うにあたり、“それぞれが「見えないカルチャー雑誌」を編集されているのではないか”ということを考えたという。編集する対象は著書に限らず、メディアや風景でもあり、その自由さをふたりに感じたのだそうだ。詳しくはチケット販売ページに九龍氏が文章を寄稿しているのでぜひ参照してみてほしい。

観覧には事前申込が必要となるので、早めのご予約を。

関連記事

EVENT

  • 見る・聞く・触れる、参加体験型の展覧会「おべんとう...
    2018年5月25日
  • 生涯をかけた代表作『放浪記』などで知られる作家・林...
    2018年5月24日
  • 世界の注目を集めるペイントアーティスト・チョーヒカ...
    2018年5月21日
  • 変化する都市を有機体としてとらえる写真家・小山泰介...
    2018年5月18日
  • 世界一手軽で、深遠な、非日常への冒険旅行 劇団おぼ...
    2018年5月16日

RANKING

  • no.1
    見る・聞く・触れる、参加体験型の展覧会「おべんとう展」が7月に上野の東...
  • no.2
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.3
    生涯をかけた代表作『放浪記』などで知られる作家・林芙美子の展覧会が世田...
  • no.4
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.5
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
PAGE TOP