logo_s

赤塚不二夫や安野モヨコのワンカップも登場! 日本酒を知る・観る・クリエイティブする展覧会 池袋パルコミュージアム「I LOVE SAKE 日本酒マニアック博 in 東京」(豊島区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2017年2月10日〜2017年3月5日 豊島区
赤塚不二夫や安野モヨコのワンカップも登場! 日本酒を知る・観る・クリエイティブする展覧会 池袋パルコミュージアム「I LOVE SAKE 日本酒マニアック博 in 東京」(豊島区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

日本酒をカルチャーとして楽しむ展覧会「I LOVE SAKE日本酒マニアック博 in 東京」が豊島区南池袋のパルコミュージアムで開催される。会期は2017年2月10日(金)から3月5日(日)まで。

d3639-480-826236-14

I LOVE SAKE日本酒マニアック博in東京メインビジュアル (展示公式サイトより)

日本酒を様々な側面から楽しめる本展では、まず「知る日本酒」、「観る日本酒」、「クリエイティブする日本酒」の3本を軸で展示構成されている。

「知る日本酒」では、サブカルチャーの視点から日本酒を掘り下げる「Sake Pedia」を展開。日本酒トリビアや、日本酒と文化人・日本酒と著名人のエピソード、日本酒のニッチな情報など、“どうでもいいけど、グッとくる”そんな日本酒の情報を展示する。

「観る日本酒」では、キュレーションと監修にエッセイストで酒ジャーナリストの葉石かおり氏を迎え、マニアック度の高い編集と演出で日本酒の銘柄を解説する「踊る大マニアック銘柄展」と、全国各地のご当地カップ酒を“カワイイ”という視点で紹介する「集合!全国ご当地カップ酒」を開催。

「クリエイティブする日本酒」では、日本酒「ワンカップ」でおなじみの大関株式会社とコラボレーション。展覧会限定の「クリエイターによるデザイン・ワンカップ」の展示・販売を行う。

d3639-480-979407-19

​©赤塚不二夫/フジオプロ(展示公式サイトより)

d3639-480-129183-25

©Moyoco Anno(展示公式サイトより)

d3639-480-830981-24

(左)イラスト:松本零士 ©日本酒ものがたり ©altplus、(右)イラスト:美樹本晴彦 ©日本酒ものがたり ©altplus(展示公式サイトより)

〈参加クリエイター〉※50音順、敬称略

*東京会場からの参加作家

・赤塚不二夫(漫画家・フジオプロ)
・安野モヨコ(漫画家)*
・いがわゆり蚊(お笑いタレント)
・ウィスット・ポンニミット(漫画家)*
・宇野亞喜良(イラストレーター)*
・楳図かずお(漫画家)
・えちがわのりゆき(漫画家・イラストレーター)
・蛭子能収(漫画家)、
・及川キーダ(画家・イラストレーター)
・大前優介(NOTAM・デザイナー)
・groovisions(デザイナー)
・下田昌克(絵描き)
・JUN OSON(イラストレーター)
・白根ゆたんぽ(イラストレーター)
・しりあがり寿(漫画家)*
・高橋理子(アーティスト)*
・竹井千佳(イラストレーター)
・田中知之[FPM](DJ、プロデューサー)*
・Noritake(イラストレーター)
・テセウス・チャン(クリエイティブディレクター)*
・とんだ林蘭(アーティスト)*
・抜水摩耶(アーティスト)*
・東ハナ(アーティスト)
・ヒロ杉山(アーチスト・アートディレクター)*
・福田利之(イラストレーター)
・守矢努(グフィックデザイナー)
・山口はるみ(イラストレーター)*
・ラズウェル細木(漫画家)*
・DJ RUBY/rubyin(DJ・トラックメーカー)*
・wataboku(デジタルアーティスト)

日本酒のキャラクター化プロジェクト「日本酒ものがたり」とのタイアップによる、著名作家陣が手がけた「日本酒をキャラクター化したイラスト」の公開も。

〈日本酒キャラクター化プロジェクト「日本酒ものがたり」展 参加蔵元、作家〉※50音順、敬称略

・司牡丹酒造「司牡丹・船中八策」/jitari
・妙高酒造「特別純米妙高山」/ヤスダスズヒト、
・小玉酒造「純米吟醸澄月」/ささきむつみ
・西田酒造店「田酒特別純米酒」/松本零士
・御代桜醸造「御代櫻醇辛純米酒」/藤堂裕
・斎藤酒造場「純米吟醸酒御殿桜」/月神るな
・本家松浦酒造場「純米原酒水ト米」/さんば挿
・近藤酒造「華姫桜無濾過純米吟醸原酒しずく媛」/富沢和雄
・小堀酒造店「萬歳楽白山」/jitari
・三宅本店「千福純米大吟醸蔵」/富沢和雄
・奥の松酒造「純米大吟醸スパークリング」/ささきむつみ
・明利酒類「副将軍」/美樹本晴彦
・麻原酒造「純米大吟醸武蔵野」/さんば挿
・今西清兵衛商店「春鹿純米吟醸吟麗」/ヤスダスズヒト

二次創作作品以外にも、写真家・藤代冥砂氏が「一升瓶」と「女子」の組み合わせで撮り下ろした「きらめく一升瓶女子写真展」も行われる。

d3639-480-990557-8

モデル/中嶋イッキュウ(tricotボーカル&ギター)、撮影/藤代冥砂

また展示だけでなく、来場者が参加できるイベントも盛りだくさんだ。会期中2月11日(土)と12日(日)には「呑む日本酒」として、東京では初となる菊正宗酒造「百黙 純米大吟醸」の試飲イベントを開催する。兵庫県三木市吉川特A地区で契約栽培された山田錦を100%使用した純米大吟醸酒菊「百黙」は、現在は兵庫県のみで販売されている銘柄。「2016 MISS SAKE」の田中沙百合氏とともに貴重な一杯を楽しめる。参加方法はインフォメーションを参照。

さらに「買う日本酒」として、会場内には展示に関連する地酒銘柄を一部販売する他、お酒にまつわる雑貨などを楽しめるショップもオープンする。

会場では、有料での入場者に日本酒または甘酒の「ちょこっと試飲カップ」が提供されるので、ほろ酔い気分で展示を回ることができる。飲むだけではなく、日本酒の新たな魅力を発見できる展示になるはずだ。

関連記事

EVENT

  • 中東の世界観を味わう3日間 トルコやレバノン、ウズ...
    2017年12月14日
  • 総勢約35組のアーティストが考える“HENTAI”...
    2017年12月13日
  • “あの鍬(くわ)には開拓の歴史が詰まっている” 北...
    2017年12月12日
  • マイアミアートフェアでも高評価のジューシーなデジタ...
    2017年12月11日
  • フジヤマ、妄想インドカレーネグラ、東京おかっぱちゃ...
    2017年12月11日

RANKING

  • no.1
    フジヤマ、妄想インドカレーネグラ、東京おかっぱちゃんハウス、engag...
  • no.2
    中東の世界観を味わう3日間 トルコやレバノン、ウズベキスタンなどのアク...
  • no.3
    代官餅に舌鼓 438年を経て甦る現代の楽市「世田谷ボロ市」を歩く
  • no.4
    総勢約35組のアーティストが考える“HENTAI”とは 原宿&新宿のト...
  • no.5
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
PAGE TOP