logo_s

アスリートの躍動する身体をデザインの視点から紐解く企画展 ディレクターに為末大、緒方壽人、菅俊一 21_21 DESIGN SIGHTで「アスリート展」(港区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2017年2月17日〜2017年6月4日 港区
アスリートの躍動する身体をデザインの視点から紐解く企画展 ディレクターに為末大、緒方壽人、菅俊一 21_21 DESIGN SIGHTで「アスリート展」(港区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

アスリートを形作る様々な側面を紐解く企画展「アスリート展」が港区赤坂の21_21 DESIGN SIGHTにて開催される。会期は2017年2月17日(金)から6月4日(日)まで。

exhibits_slide01

Adam Pretty「報道写真の視点」(Getty Images/公式サイトより)

目標に向かって真摯に取り組み、自己の限界を乗り越えていくアスリートたち。自身と向き合いながら努力を重ねることで生み出されるパフォーマンスには観る者の心を揺さぶる感動だけではなく、あらゆる分野で活動する人々へのヒントが数多く潜んでいる。

exhibits_slide02

Howard Schatz「Ironman Champion Chrissie Wellington Human Body Study 1213」(Photograph by Howard Schatz from Schatz Images:25 Years/Glitterati, Inc. 2015/公式サイトより)

本展ではアスリートの躍動する身体を映像や写真で紹介するほか、体感型の展示を通して、身体や心理をコントロールする知覚、戦術における情報解析の先端技術、そして身体拡張を支えるスポーツギアなど、アスリートを形作る様々な側面をデザインの視点から紐解くものになっている。

exhibits_slide03

Takram「アスリートダイナミズム」(技術協力:高橋啓治郎/公式サイトより)

exhibits_slide07

稲本伸司「Analogy Learning」(構成:菅俊一、映像:Getty Images/公式サイトより)

また展示会ディレクターには、トップアスリートの経験を踏まえ様々な活動を行っている為末大氏、デザインエンジニアの緒方壽人氏、そして研究者であり映像作家の菅俊一氏が名を連ねている。会期中、2月25日(土)にはディレクターの3名によるオープニングトーク「アスリートの哲学」が開催される。このほか、追加プログラムは随時公式サイト内でアップデートされるそうなので、あわせてチェックを。

様々な分野で活躍する作家、企業、団体機関と協働で開催される「アスリート展」。さらなる高みへと挑み続ける「アスリート」の鼓動を体感して欲しい。

関連記事

EVENT

  • 中東の世界観を味わう3日間 トルコやレバノン、ウズ...
    2017年12月14日
  • 総勢約35組のアーティストが考える“HENTAI”...
    2017年12月13日
  • “あの鍬(くわ)には開拓の歴史が詰まっている” 北...
    2017年12月12日
  • マイアミアートフェアでも高評価のジューシーなデジタ...
    2017年12月11日
  • フジヤマ、妄想インドカレーネグラ、東京おかっぱちゃ...
    2017年12月11日

RANKING

  • no.1
    フジヤマ、妄想インドカレーネグラ、東京おかっぱちゃんハウス、engag...
  • no.2
    中東の世界観を味わう3日間 トルコやレバノン、ウズベキスタンなどのアク...
  • no.3
    代官餅に舌鼓 438年を経て甦る現代の楽市「世田谷ボロ市」を歩く
  • no.4
    総勢約35組のアーティストが考える“HENTAI”とは 原宿&新宿のト...
  • no.5
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
PAGE TOP