logo_s

第14回写真「1_WALL」グランプリ受賞作品「ただただ」を含む4シリーズを展示 銀座ガーディアン・ガーデンで佐藤麻優子個展 「ようかいよくまみれ」(中央区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2017年1月31日〜2017年2月17日 中央区
第14回写真「1_WALL」グランプリ受賞作品「ただただ」を含む4シリーズを展示 銀座ガーディアン・ガーデンで佐藤麻優子個展 「ようかいよくまみれ」(中央区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

第14回写真「1_WALL」グランプリ受賞作家・佐藤麻優子氏の個展「ようかいよくまみれ」が、中央区銀座のガーディアン・ガーデンにて開催される。会期は2017年1月31日(火)から2月17日(金)まで。

mayuko_sato_1-570x382

©佐藤麻優子

絵コンテを描き、コンセプトをモデルに伝えてから撮影を行い、その後写真をデジタル加工して意図的にイメージを作り込み、日常的な風景の中に違和感を生み出す佐藤氏。第14回写真「1_WALL」では「若い世代の抱える閉塞感や退屈さを的確に表現している」等、審査員から高い評価を得てグランプリを受賞。本展では、受賞作品「ただただ」と、受賞後に撮影した、「もうない」、「まだ若い身体です」、「夜用」の4つのシリーズを中心に展示する。

mayuko_sato_3-570x382

©佐藤麻優子

mayuko_sato_6-570x354

©佐藤麻優子

制作された作品には、人生に対する焦り、若さへの憧れ、愛されたいという欲求といった、23歳の作家自身の抱える悩みなど等身大のリアリティーが映し出されている。この展示の開催にあたり、作者の佐藤氏からは以下のようなコメントが寄せられている。

こうしたいとかああなりたいとか、これをしたくないとかこうなりたくないとか、生れた瞬間からずっと今まで、自分にはとんでもない数の欲求があります。

ただ、自分のことなのにどうしたいのか、はっきりとわからない場合もあります。そして、わからないまま流れるように進むことがあります。逆に、はっきりと望むことはみえているのに、それがかなえられない場合もあります。その場合には、どうしたらかなえられるのか、どうしたら自分の気が済むのか、どうしたらそのストレスから逃げられるのかを考えたりします。

自分が2015年から2016年のいままでに感じたことを、テーマに分けて撮りました。よろしくお願いします。

佐藤麻優子(公式サイトより)

mayuko_sato_4-570x358

©佐藤麻優子

また、会期中にはトークイベントの開催も決定。2月9日(木)にはアートディレクターの菊地敦己氏をゲストに迎え、トークイベント「20代の話・ご飯を食べていくにはどうしたらいいのかの相談」が実施される。観覧希望の方は予め電話またはメールで申し込みを。

関連記事

EVENT

  • 大正7年創業の羽車が魅せる紙の魅力 KIGIによる...
    2017年3月21日
  • 岡野弥生商店とカストリ書房で同時開催 “春画”と“...
    2017年3月17日
  • 独特のユーモアを放つBRIDGE SHIP HOU...
    2017年3月17日
  • ユダヤ人たちが放浪とともに育んだ食文化を味わう W...
    2017年3月8日
  • 犬、猫、鳥から“珍獣”まで 工芸で表現された動物約...
    2017年3月7日

RANKING

  • no.1
    『東京タラレバ娘』のシンボル「五輪橋」に見る 東京オリンピックの面影
  • no.2
    日本一のソープ街・吉原発のブランドが見据える5年後の吉原:〈新吉原〉デ...
  • no.3
    池尻の住宅街に現れた黒い一軒家 クリエイティブチームCEKAI(セカイ...
  • no.4
    大正7年創業の羽車が魅せる紙の魅力 KIGIによるレターセットも販売 ...
  • no.5
    岡野弥生商店とカストリ書房で同時開催 “春画”と“四十八手”をテーマに...
PAGE TOP