logo_s

山本耀司、時代に流されない精神 画家朝倉優佳とのコラボレーションでその本質に迫る 東京オペラシティアートギャラリーで「画と機」(新宿区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年12月10日〜2017年3月12日 新宿区
山本耀司、時代に流されない精神 画家朝倉優佳とのコラボレーションでその本質に迫る 東京オペラシティアートギャラリーで「画と機」(新宿区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

新宿区新宿の東京オペラシティ アートギャラリーでファッションデザイナー・山本耀司氏の展示「画と機」が開催されている。会期は2016年12月10日(土)から2017年3月12日(日)まで。

pic-1

制作中の作品(彫刻/山本耀司、絵画/朝倉優佳)を写真家・田原桂一が撮影した一枚。PHOTO BY 田原桂一(公式サイトより)

時代に流されない反骨精神で世界を刺激し続けるトップデザイナー、山本氏。本展「画と機」という展覧会名は、山本の希望により編集工学者である松岡正剛氏によって考えられたもの。「画」は絵画、「機」は「はずみ」や「機会」「機織(服)」を表し、絵画とファッション、二次元と三次元、男女関係など、反発しつつも惹かれ合い、互いに逃れられないような、創造の根源に触れる危険な関係性を表現している。

山本氏は最近のコレクションで、絵画とのコラボレーションを積極的に展開。2016年春夏メンズ&ウィメンズコレクションからは、数シーズンにわたり若手画家・朝倉優佳氏とコラボレーション。大型の絵画作品をはじめ壁画制作やライブ・ペインティングも積極的に展開し、近年の「ヨウジヤマモト」の服づくりに熱を与え続けた。

pic-2

「YOHJI YAMAMOTO Spring/Summer 2016 Paris Collection」ヨウジヤマモト 2016年春夏パリコレクションより、朝倉優佳の絵画がプリントで施されたドレスルック (公式サイトより)

本展は、ファッションデザイナーとして知られる山本耀司の未発表の絵画やインスタレーションのほか、前述の朝倉氏の作品も交え、40年以上のキャリアを経て今なお斬新なクリエーションを展開する彼の魅力と本質に迫る。ファッションと絵画との間に存在する新たな創造の世界を表現する展覧会となっている。

関連記事

EVENT

  • 中東の世界観を味わう3日間 トルコやレバノン、ウズ...
    2017年12月14日
  • 総勢約35組のアーティストが考える“HENTAI”...
    2017年12月13日
  • “あの鍬(くわ)には開拓の歴史が詰まっている” 北...
    2017年12月12日
  • マイアミアートフェアでも高評価のジューシーなデジタ...
    2017年12月11日
  • フジヤマ、妄想インドカレーネグラ、東京おかっぱちゃ...
    2017年12月11日

RANKING

  • no.1
    フジヤマ、妄想インドカレーネグラ、東京おかっぱちゃんハウス、engag...
  • no.2
    中東の世界観を味わう3日間 トルコやレバノン、ウズベキスタンなどのアク...
  • no.3
    代官餅に舌鼓 438年を経て甦る現代の楽市「世田谷ボロ市」を歩く
  • no.4
    総勢約35組のアーティストが考える“HENTAI”とは 原宿&新宿のト...
  • no.5
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
PAGE TOP