logo_s

光がもたらす感覚を追求する新作インスタレーション 資生堂ギャラリーで「吉岡徳仁 スペクトル − プリズムから放たれる虹の光線」(中央区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2017年1月13日〜2017年3月26日 中央区
光がもたらす感覚を追求する新作インスタレーション 資生堂ギャラリーで「吉岡徳仁 スペクトル − プリズムから放たれる虹の光線」(中央区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

中央区銀座の資生堂ギャラリーで、「吉岡徳仁 スペクトル − プリズムから放たれる虹の光線」が開催される。会期は2017年1月13日(金)から3月26日(日)まで。

キービジュアル

「吉岡徳仁 スペクトル − プリズムから放たれる虹の光線」キービジュアル

吉岡徳仁氏は、プロダクト、空間、建築など様々な領域でデザインを手がけるデザイナー・アーティスト。yamagiwaのランプ「ToFU」や「Tear Drop」、au design projectやiidaの携帯電話といったプロダクトデザインのほか、ISSEY MIYAKEのショップデザインやインスタレーション、SWAROVSKIのフラッグシップストアのコンセプトデザイン、Hermès、BMW、MOROSO、TOYOTA、LEXUSといった企業とのコラボレーションなど、誰もが一度はその作品を目にしたことがあるだろう。

本展では、プリズムで作られた彫刻から放たれる、神秘的な虹の光線を用いた新作のインスタレーションを展示する。吉岡氏はこれまでも自然と人間の関係性に着目し、光がもたらす感覚を追求し研究を重ね、独自の手法で作品を表現してきた。2013年の「虹の教会 – Rainbow Church」(個展「TOKUJIN YOSHIOKA_Crystallize」/東京都現代美術館)2011年の「ガラスの茶室 – 光庵」(第54回ヴェネツィア ビエンナーレ国際美術展)に続く新たな作品が登場する。

「SPECTRUM 2017」(公式サイトより)

「SPECTRUM 2017」(公式サイトより)

「SPECTRUM 2017」(公式サイトより)

「SPECTRUM 2017」(公式サイトより)

「KATANA 2016」(公式サイトより)

「KATANA 2016」(公式サイトより)

自然哲学者であるニュートンは透明な多面体プリズムに太陽光を通して、光の中には様々な色の光が重なり合って存在するものだと示し、私たちは日々、自然から色を学び、感じてきました。そのプリズムによって分光された光が、美しい虹色の光線となったスペクトルを放ちます。

公式サイトより)

待望の新作はどのような光を放つのか。吉岡氏の新たな試みに触れる、貴重な展示となりそうだ。

関連記事

EVENT

  • エアブラシで描いた動物や怪獣がTシャツに 〈He...
    2017年6月13日
  • 『SHUKYU Magazine』4号目は”ユース...
    2017年6月12日
  • FREITAGのFundamental lineが...
    2017年6月9日
  • 写真家・石渡朋が撮り続けてきた“食の風景” 未発...
    2017年6月8日
  • Supremeとギャルソンのロゴ&アイコ...
    2017年6月7日

RANKING

  • no.1
    六本木の禁秘領域で何が起こっているのか サザエBOTの中の人に聞く:「...
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
  • no.5
    脅威のセルフプロデュースJKユニットが東京のアイドルシーンを更新する:...
PAGE TOP