logo_s

ヨーロッパで活動する3名のアーティストが生み出す、作品と身体の間に生まれる関係性 銀座メゾンエルメスでグループ展「曖昧な関係」(中央区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年12月21日〜2017年12月26日 中央区
ヨーロッパで活動する3名のアーティストが生み出す、作品と身体の間に生まれる関係性 銀座メゾンエルメスでグループ展「曖昧な関係」(中央区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

ヨーロッパを中心に活動する3人のアーティストによるグループ展「曖昧な関係」が、銀座メゾンエルメス「フォーラム」にて開催される。日程は2016年12月21日(水)から2017年2月26日(日)まで。

39a80ef13e84da0844ae119220a58ca8-1280x1903

©Nacása & Partners Inc. / Courtesy of Fondation d’entreprise Hermès

ファッションブランド、エルメスを母体とする非営利団体「エルメス財団」が運営する「フォーラム」は、芸術や技術伝承、環境問題、教育活動などに関わるプロジェクトの支援を通じた活動の場として提供されている。本展では、作品と身体の対峙を独自に生成させる3人のアーティストの作品が会場に並ぶ。

0798e4ec31339c5fce72966f89857a2d-1280x853

©Nacása & Partners Inc. / Courtesy of Fondation d’entreprise Hermès

スイスのジュエリー作家、ベルンハルト・ショービンガーは、身につけることをが前提のジュエリー制作を通じ、身体の物質性、その強弱と欲望を忠実に描き出す。フランス人の画家、アンヌ・ロール・サクリストは、絵画表現の領域を問い続け、ベルリン在住のアーティスト、ナイル・ケティングは音波など不可視のマテリアルをベースにし、新たな物質性の感知を試みている。

cd3f6b81731b0a94d48acb1236f4a5e9-1280x1936

©Nacása & Partners Inc. / Courtesy of Fondation d’entreprise Hermès

世代や国籍、表現方法の異なるアーティスト達の作品を通し、作品と身体の間に生まれる関係性を楽しみたい。

EVENT

  • Sujin Kimが作る100点のマグネット作品 ...
    2018年2月3日
  • グランプリは誰の手に? ファイナリスト6名による個...
    2018年1月30日
  • commune、SUPPLY TOKYO、UPPE...
    2018年1月29日
  • 現代美術アーティスト加賀美健が取り憑かれたように集...
    2018年1月26日
  • 写真家・忠地七緒がモデル赤坂由梨を台北で撮りおろし...
    2018年1月22日

RANKING

  • no.1
    Pヴァインが考えるニュースタンダードなコンビニとは 下北沢に誕生した「...
  • no.2
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.3
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.4
    Supremeとギャルソンのロゴ&アイコンをグリッチ刺繍でカ...
  • no.5
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
PAGE TOP