logo_s

柴田元幸の朗読と蓮沼執太の音楽で聴く、現代アメリカ文学の最前線 原宿VACANTで「ブライアン・エヴンソン『ウインドアイ』刊行記念セッション」(渋谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年12月21日
柴田元幸の朗読と蓮沼執太の音楽で聴く、現代アメリカ文学の最前線 原宿VACANTで「ブライアン・エヴンソン『ウインドアイ』刊行記念セッション」(渋谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

渋谷区神宮前にあるVACANTで、「ブライアン・エヴンソン『ウインドアイ』刊行記念セッション」が開催される。日程は2016年12月21日(水)。

キービジュアル

「柴田元幸×蓮沼執太 ブライアン・エヴンソン『ウインドアイ』刊行記念セッション」キービジュアル(Facebookページより)

ブライアン・エヴンソンの『ウインドアイ』は、11月30日に新潮社から刊行された最新短編集。2011年にアメリカで発表された作品を翻訳家の柴田元幸が翻訳したもので、25編の短編が収録されている。

『ウインドアイ』(ブライアン・エヴンソン著/柴田元幸訳/2160円税込み/新潮社)

『ウインドアイ』(ブライアン・エヴンソン著/柴田元幸訳/2160円税込み/新潮社)

この刊行を記念した本イベントでは、本書を翻訳した柴田氏の朗読と、音楽家・蓮沼執太氏の音楽によるセッションを開催する。

狂気と正気、現実と幻想、恐怖と笑いを行き来しながら、ブライアン・エヴンソンが生み出す作品は、現代アメリカ文学の今を知るうえで、貴重な一遍といえる。その世界をより浮き立たせる一夜限りのセッションに、ぜひ立ち会ってみては。

“最愛の人を、目や耳を、記憶を、世界との結びつきを失い、戸惑い苦闘する人々の姿。得体の知れない不安と恐怖は、やがて読者の認識さえも浸食していくーー。現代アメリカ文学の最前線で紡がれる25篇”(新潮社)

関連記事

EVENT

  • テクノロジーがもたらすユートピアとディストピア ロ...
    2017年9月15日
  • 1_WALL審査委員と“表現”について考察する夜 ...
    2017年9月11日
  • 歴史的な新聞記事に“一言”を重ねる村上周のアートワ...
    2017年9月8日
  • 新井薬師前スタジオ35分で夏の終わりの本の祭り イ...
    2017年9月7日
  • 1965年、電通時代のアラーキーが撮ったキャビネ版...
    2017年9月6日

RANKING

  • no.1
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.2
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    ヤカンを目指して西荻を巡る 西荻窪界隈の101店舗が参加する「西荻茶散...
  • no.5
    1965年、電通時代のアラーキーが撮ったキャビネ版プリントを展示 CA...
PAGE TOP