logo_s

曲線とシンメトリーが導くミューラル(壁画)アートの現在形 SNOW ContemporaryでHITOTZUKI個展「ALTERRAIN」(港区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年12月16日〜2016年1月28日 港区
曲線とシンメトリーが導くミューラル(壁画)アートの現在形 SNOW ContemporaryでHITOTZUKI個展「ALTERRAIN」(港区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

港区西麻布の「SNOW Contemporary」でアーティスト・ユニットHITOTZUKIの個展「ALTERRAIN」が開催される。会期は2016年12月16日(金)から2017年1月28日(土)。

「Planet bouquet」(POW! WOW! LONG BEACH 2016/2016年7月10日〜17日/228 E Broadway Long Beach, CA 90802/撮影:Brandon Shigeta)

HITOTZUKIは、リズミカルで力強い曲線を描くKAMIと、シンメトリーなモチーフを繊細な色彩で描くSASUによるアーティスト・ユニット。もともとソロとして活動していたふたりは1999年から共同制作をスタートし、アメリカのストリート・アートの代表的なムーヴメントであった「Barnstormers」で活躍。2004年にはイギリスのURBIS美術館で開催された展覧会「Ill Communication Ⅱ」に出品。日本でも、中目黒に存在したオルタナティブスペース「大図実験」への参加をはじめ、2005年「X-COLOR / Graffiti in Japan」(水戸芸術館現代美術センター)、2010年「六本木クロッシング:芸術は可能か?」(森美術館)への出品を行った。

ヨーロッパのミューラル(壁画)ムーヴメントの発展のなかに身を置き、台湾やベトナム等のアジア各国でも多くの作品を制作した彼らは、各国のストリートアートの第一線に壁画表現を開拓し、高い評価を得たのである。

制作中のKAMI(左)とSASU(右)

近年では山梨県甲府市の山梨中央銀行本店、アメリカフロリダ州マイアミのWYNWOOD ARCADE、新潟県新潟市の萬代橋の万代クロッシングなどに壁画を制作している。作品は公式サイトで公開されている。

左「Mizukagami」(飛騨高山 岐阜/2014年)、右「Alexanderplatz」(ベルリン ドイツ/2009年)

ビルの壁面などの建造物にペイントする行為は、70年代NYから始まったグラフィティ文化を経由しながら、現在は街中を通る全ての人に向けられたストリートから発信されるアートとして認識されつつあります。地域の風景を一変させ、時にはその土地のアイデンティティとして機能することもあり、大きな影響力をもつこのアートは、場の気配や人々の文化、その土地の「今そこ」をとらえ記録する行為でもあり、街とアートは密接な関係を結ぶこととなります。

HITOTZUKIの壁画もそのような意味において、公共空間のルールやストリートカルチャーのコミュニティーの価値観などをめぐる様々な状況に対し、対話と交渉を続けることによって自らの表現を練り上げてきました。また、HITOTZUKIの壁画作品で描かれるモチーフは、二人の生い立ちや、関わりを持った文化からの影響を綿密に取り入れて生み出されたアイデンティティーの象徴であり、壁画制作のプロセスは、身体を使いフリーハンドで壁に直に描き進めて行くアクション的な行為を通じて壁画として記録されます。

本展ではタイトルを「Alterrain」とし、新作のキャンバス作品を発表いたします。「Alterrain」は全地形型という意味をもつ「All Terrain」と「alternative(新しい、もう一つの選択)」をあわせた意味をもつHITOTZUKIによる造語です。これまでに国内外の様々な場所にて制作を続けてきたHITOTZUKIですが、様々なシーンをクロスオーバーしながら活動の場を開拓し、地域に入り新たな風景を作りだす制作活動は、状況に対応しながらも時には全地形型のタイヤのように突き進む機動力も必要であったに違いありません。本展では、ユニット結成時から一貫して変わらないHITOTZUKIの制作への姿勢そのものをあらためて表明する展覧会となります。

公式サイトより)

年をまたいで開催される貴重な展覧会。なお、ギャラリーの冬季休暇である12月23日(金)から1月4日(水)までは休廊となるのでご注意を。

関連記事

EVENT

  • 中東の世界観を味わう3日間 トルコやレバノン、ウズ...
    2017年12月14日
  • 総勢約35組のアーティストが考える“HENTAI”...
    2017年12月13日
  • “あの鍬(くわ)には開拓の歴史が詰まっている” 北...
    2017年12月12日
  • マイアミアートフェアでも高評価のジューシーなデジタ...
    2017年12月11日
  • フジヤマ、妄想インドカレーネグラ、東京おかっぱちゃ...
    2017年12月11日

RANKING

  • no.1
    フジヤマ、妄想インドカレーネグラ、東京おかっぱちゃんハウス、engag...
  • no.2
    総勢約35組のアーティストが考える“HENTAI”とは 原宿&新宿のト...
  • no.3
    中東の世界観を味わう3日間 トルコやレバノン、ウズベキスタンなどのアク...
  • no.4
    歌舞伎町の中心にホストのいる書店が誕生!“LOVE”をテーマに蔵書10...
  • no.5
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
PAGE TOP