logo_s

日本随一のラジカセ蒐集家・松崎順一のコレクションが100点超!みうらじゅん、安齋肇、永井博など著名クリエイターも参加 PARCO MUSEUMで「大ラジカセ展」(豊島区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年12月9日〜2016年12月27日 豊島区
日本随一のラジカセ蒐集家・松崎順一のコレクションが100点超!みうらじゅん、安齋肇、永井博など著名クリエイターも参加 PARCO MUSEUMで「大ラジカセ展」(豊島区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

松崎順一氏による、ラジカセの魅力を伝える展示「大ラジカセ展」が、池袋パルコのPARCO MUSEUMにて開催される。会期は2016年12月9日(金)から12月27日(火)まで。

dairadi_b3

メインビジュアル(展示会WEBページより)

2003年に「デザインアンダーグラウンド」を設立し、廃棄された家電を発掘・レストアしている松崎氏。ラジカセをベースとしてアナログ作品を通して未来の家電のあり方を提案している。現在では個展を開催するほか、朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』をはじめ、ドラマやギャラリーのディスプレイ監修にも携わっている。

「ラジカセ」。
その重くて大きな箱にはアナログの魅力がぎっしり詰まっています。
日本生まれの「ラジカセ」が日本だけでなく海外で普及した背景には、ファッションのトレンドも大きく影響しています。
80’Sファッションにあわせたポップで女性向けのコンパクトなデザインのラジカセが日本では登場し、ニューヨークではビッグスケールの「ラジカセ」は、ファッションの一部としてヒップホップの象徴となりました。ポータブルでより個に近い家電の「ラジカセ」だからこそライフスタイルやファッションを反映し、そのデザインも多様になったと言われています。

場所も世代もボーダーレスな家電「ラジカセ」の持つデザインの多様性とそこから生まれたカルチャーを、日本随一のラジカセ・家電蒐集家 松崎順一氏がナビゲート。カセットテープ、レコード盤とともにアナログ回帰の盛り上がりをみせている今、ノスタルジーだけではなく新たなアクセスツールとして注目されているラジカセ。
また日本ではじめてカセットテープが発売されて50年を迎え、ラジカセとあわせてカセットテープの人気も再燃しています。

若い世代には新鮮で、バブル世代には共感と体験の共有となるラジカセ。
本展では「ラジカセ」のデザインを紹介するだけでなく、カセットテープ、ラジオの魅力そしてその背景にあるカルチャーもあわせて紹介します。
公式サイトより

そのデザイン性と性能により世界中に広まったラジカセ。本展では、日本随一の蒐集家である松崎氏の5000点にもおよぶコレクションから、100台超をセレクトし展示紹介する。美しいデザインのものや、テレビやキーボードなどを搭載した多機能ラジカセ、ヒップホップの象徴となった巨大なラジカセなど、親しみを感じずにはいられないラジカセが多数登場。

dairadi_tra-jpg

「TRA SPECIAL 4」(安齋肇氏 責任編集の特別版「TRA」) ©TRA PROJECT(公式サイトより)

dairadi_miura

自身のマスターテープを前に語るみうらじゅん氏(公式サイトより)

ラジカセにまつわるカルチャーも満載。YMOの「テクノポリス」ほかカセットマガジンの展示や、ヒップホップカルチャーを世に知らしめた映画『Wild Style』のトレーラーも公開される。また、「カセットは語る」と題してみうらじゅん氏や安齋肇氏、永井博氏など著名クリエイターによるカセットコレクションおよびカセットアートを紹介する。会期中はヴィンテージラジカセやミュージックテープ、TOKYO CULTUART by BEAMS、diskunionの雑貨などが揃う期間限定のショップもオープン。松崎氏がプロデュースする新作ラジカセも予約販売予定だ。懐かしくて新しい、ラジカセの魅力がぎっしり詰まった展示となりそうだ。

関連記事

EVENT

  • 天才醸造家ビービー・グラーツがおくるアートとワイン...
    2017年10月16日
  • バリー・マッギーやマーク・ゴンザレス、トーマス・キ...
    2017年10月11日
  • LAのアートブランド〈bfgf〉のデザイナーが日本...
    2017年10月5日
  • 本の祭典が天王洲アイルへ!出版社からギャラリーまで...
    2017年10月2日
  • 演劇の総合演出も手がけるアーティスト、ディエゴ・シ...
    2017年9月26日

RANKING

  • no.1
    無類の角打ち狂Mantaschool a.k.a MC.sirafuが...
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    バリー・マッギーやマーク・ゴンザレス、トーマス・キャンベルら14名のク...
  • no.4
    池尻の住宅街に現れた黒い一軒家 クリエイティブチームCEKAI(セカイ...
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP