logo_s

オリジナルゲームも制作!互いの作品を画像化&ピクセル化し表現する二人展 MOGRAG galleryで梅沢和木×たかくらかずき「卍エターナル・ポータル卍 輪廻MIX」(台東区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年12月4日〜2016年12月25日 台東区
オリジナルゲームも制作!互いの作品を画像化&ピクセル化し表現する二人展 MOGRAG galleryで梅沢和木×たかくらかずき「卍エターナル・ポータル卍 輪廻MIX」(台東区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

台東区元浅草のMOGRAG galleryで、美術作家の梅沢和木氏とイラストレーターでアーティストのたかくらかずき氏による「卍エターナル・ポータル卍 輪廻MIX」が開催される。会期は2016年12月4日(日)から12月25日(日)まで。

「卍エターナル・ポータル卍 輪廻MIX」キービジュアル

本展は、「画像」をテーマに作品を制作してきた梅沢氏と、「ピクセル」をテーマに作品を制作してきたたかくら氏による二人展。互いの作品を画像化、ピクセル化することで新たな視点を生み出している。

本展ではコラージュ、ゲーム、印刷物、ペインティングなど、様々なアプローチの作品が展示される。オリジナルゲーム『卍エターナル・ポータル卍』もプレイでき、100点限定で発売される。オリジナルペイントのUSBメモリに収録されており、Mac、Windowsどちらにも対応するという。価格は2800円。

あああ

USBメモリで限定発売される、ゲーム「卍エターナル・ポータル卍 輪廻MIX」(たかくらかずきTwitterより)

また、会期中12月7日(水)には黒瀬陽平氏と長谷川新氏を迎えたトークイベント「物語/ルール、キャラクター/場所」を、また12月13日(火)には小林健太氏と山内祥太氏を招いた「画像という骨董を巡って」を開催する。

こうしたトークイベントのテーマからも、彼らがこれらの作品を通して思考する核の部分が見えてくる。またTOwebでは、今年2月にたかくら氏が行った個展「ピクセルアウト」開催時に、「ドットはノスタルジーの呪縛から逃れられるのか:「ピクセルアウト展」たかくらかずきインタビュー」(2016年2月19日)としてインタビューを行っており、ドットでの表現についてたかくら氏の考えをたずねている。こちらもあわせてご覧いただければ。

ドットやゲームという、いわゆる“ポップ”と思われる表現方法のなかに、どういう仕掛けをひそませているのか。ぜひその目で確かめてみてほしい。

あああ

関連記事

EVENT

  • 天才醸造家ビービー・グラーツがおくるアートとワイン...
    2017年10月16日
  • バリー・マッギーやマーク・ゴンザレス、トーマス・キ...
    2017年10月11日
  • LAのアートブランド〈bfgf〉のデザイナーが日本...
    2017年10月5日
  • 本の祭典が天王洲アイルへ!出版社からギャラリーまで...
    2017年10月2日
  • 演劇の総合演出も手がけるアーティスト、ディエゴ・シ...
    2017年9月26日

RANKING

  • no.1
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.4
    無類の角打ち狂Mantaschool a.k.a MC.sirafuが...
  • no.5
    東京イチの危険地帯墨田区から考える東京の災害(後編)
PAGE TOP