logo_s

小さな人形に生を宿す 西麻布NANATASU GALLERYで稲葉春日個展「宝石のぬけ殻 -小さな球体関節人形-」(港区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年11月26日〜2016年12月11日 港区
小さな人形に生を宿す 西麻布NANATASU GALLERYで稲葉春日個展「宝石のぬけ殻 -小さな球体関節人形-」(港区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

アーティスト・稲葉春日氏の個展「宝石のぬけ殻 -小さな球体関節人形-」が、港区西麻布のNANATASU GALLERYにて開催されている。会期は。2016年12月11日(日) まで。

54_001_20161110113154

「若き美術家達に幸運を」という願いを込めて『幸運の数字「7」を加える「+」』=NANATASU GALLERYが、才能と意欲に満ちた美術家をジャンル問わず紹介しているNANATASU GALLERY。ギャラリー名の由来は『幸運の数字「7」を加える「+」』ことから。「若き美術家達に幸運を」という願いが込められている。

同ギャラリーで開催中の本展では、2012年より小さな球体関節人形をメインとした作品を制作している稲葉春日氏の新作「宝石のぬけ殻」を展示。稲葉氏の作品は、儚くも脆い生の美を、小さな球体関節人形で繊細に表現している。

54_002_20161110113154

日々の生活の中、ふとした瞬間に生まれる“ひずみ”にできる「隙間」

はじまりもおわりもない「circle」

絶え間なく変化しつづける日々に変わらないでいることができないのなら

せめて今が、その一秒が、「永遠」であるように

「永遠」を一秒毎に積み重ね、変化を怖がらずに生きられるように

「おはよう」や「おやすみ」、「いただきます」や「さようなら」

そんな言葉を伝え合うような一秒を共有できれば何より幸福です。

-稲葉春日-(展覧会WEBページより)

関連記事

EVENT

  • 大正7年創業の羽車が魅せる紙の魅力 KIGIによる...
    2017年3月21日
  • 岡野弥生商店とカストリ書房で同時開催 “春画”と“...
    2017年3月17日
  • 独特のユーモアを放つBRIDGE SHIP HOU...
    2017年3月17日
  • ユダヤ人たちが放浪とともに育んだ食文化を味わう W...
    2017年3月8日
  • 犬、猫、鳥から“珍獣”まで 工芸で表現された動物約...
    2017年3月7日

RANKING

  • no.1
    『東京タラレバ娘』のシンボル「五輪橋」に見る 東京オリンピックの面影
  • no.2
    日本一のソープ街・吉原発のブランドが見据える5年後の吉原:〈新吉原〉デ...
  • no.3
    池尻の住宅街に現れた黒い一軒家 クリエイティブチームCEKAI(セカイ...
  • no.4
    大正7年創業の羽車が魅せる紙の魅力 KIGIによるレターセットも販売 ...
  • no.5
    岡野弥生商店とカストリ書房で同時開催 “春画”と“四十八手”をテーマに...
PAGE TOP