logo_s

小さな人形に生を宿す 西麻布NANATASU GALLERYで稲葉春日個展「宝石のぬけ殻 -小さな球体関節人形-」(港区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年11月26日〜2016年12月11日 港区
小さな人形に生を宿す 西麻布NANATASU GALLERYで稲葉春日個展「宝石のぬけ殻 -小さな球体関節人形-」(港区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

アーティスト・稲葉春日氏の個展「宝石のぬけ殻 -小さな球体関節人形-」が、港区西麻布のNANATASU GALLERYにて開催されている。会期は。2016年12月11日(日) まで。

54_001_20161110113154

「若き美術家達に幸運を」という願いを込めて『幸運の数字「7」を加える「+」』=NANATASU GALLERYが、才能と意欲に満ちた美術家をジャンル問わず紹介しているNANATASU GALLERY。ギャラリー名の由来は『幸運の数字「7」を加える「+」』ことから。「若き美術家達に幸運を」という願いが込められている。

同ギャラリーで開催中の本展では、2012年より小さな球体関節人形をメインとした作品を制作している稲葉春日氏の新作「宝石のぬけ殻」を展示。稲葉氏の作品は、儚くも脆い生の美を、小さな球体関節人形で繊細に表現している。

54_002_20161110113154

日々の生活の中、ふとした瞬間に生まれる“ひずみ”にできる「隙間」

はじまりもおわりもない「circle」

絶え間なく変化しつづける日々に変わらないでいることができないのなら

せめて今が、その一秒が、「永遠」であるように

「永遠」を一秒毎に積み重ね、変化を怖がらずに生きられるように

「おはよう」や「おやすみ」、「いただきます」や「さようなら」

そんな言葉を伝え合うような一秒を共有できれば何より幸福です。

-稲葉春日-(展覧会WEBページより)

関連記事

EVENT

  • 若手噺家ユニット成金による新作落語11席! 成城ホ...
    2017年8月18日
  • 柔らかな色彩からこぼれる生命力 木版技法を用いた新...
    2017年8月10日
  • シモキタ高架下のイベントパークが1周年!オオゼキの...
    2017年8月9日
  • 新宿のネオンに光るおしゅし 新宿眼科画廊で1年ぶり...
    2017年8月8日
  • Yuma Yoshimura東京で4年ぶり個展 黒...
    2017年8月7日

RANKING

  • no.1
    国内初のInstagram Storiesメディア「lute」誕生! ...
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    若手噺家ユニット成金による新作落語11席! 成城ホール「成城超成金 ぜ...
  • no.4
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
  • no.5
    〈フォトレポート〉第35回すみだ錦糸町河内音頭大盆踊り
PAGE TOP