logo_s

我々との関係を問い直す、3年ぶりの動物写真展 新井薬師スタジオ35分で酒航太個展「動物」(中野区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年12月7日〜2016年12月24日 中野区
我々との関係を問い直す、3年ぶりの動物写真展 新井薬師スタジオ35分で酒航太個展「動物」(中野区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

写真家・酒航太氏の個展「動物」が、中野区上高田のスタジオ35分で開催される。会期は2016年12月7日(水)から12月24日(土)まで。

sake_dms

展覧会プレスリリースより

1973年東京生まれの酒航太氏は、ニューヨーク、サンフランシスコ、東京で個展やグループ展を開くなど国際的に活躍する写真家。2009年にスタジオ35分を設立して以来、展覧会の企画をしながら、自身の作品を発表している。

本展は、酒氏が2016年に台東区の上野動物園に通って撮影した動物写真を展示。いつ、どこの世界にいるとも取れない、不思議な感覚を引き起こすような動物たちの姿をモノクロームで写し出す。

柵、檻、あるいは強化ガラス。その隔たりだけを頼りに結ばれていたはずの、見る/見られている、笑う/笑われている、癒す/癒されているという関係。それらはバライタ印画紙に定着した鈍く、おぼろげで、どこか倦怠感をまとったモノクロの像と対峙したとき、たちまち疑念に変わってしまうことでしょう。ウケる、スゴイ、カワイイ。それだけでよかったはずなのに、私たちは一生懸命にその像について考えを巡らすことになるのです。

「もしかすると、奴らは宇宙と交信しているのかもしれない」と。

txt.川田洋平/編集者

(プレスリリースより)

酒氏にとって約3年ぶりの動物写真展、そしてスタジオ35分の2016年最後の展示となる本展、開場は18時からなのでご注意を。

関連記事

EVENT

  • エアブラシで描いた動物や怪獣がTシャツに 〈He...
    2017年6月13日
  • 『SHUKYU Magazine』4号目は”ユース...
    2017年6月12日
  • FREITAGのFundamental lineが...
    2017年6月9日
  • 写真家・石渡朋が撮り続けてきた“食の風景” 未発...
    2017年6月8日
  • Supremeとギャルソンのロゴ&アイコ...
    2017年6月7日

RANKING

  • no.1
    六本木の禁秘領域で何が起こっているのか サザエBOTの中の人に聞く:「...
  • no.2
    池尻の住宅街に現れた黒い一軒家 クリエイティブチームCEKAI(セカイ...
  • no.3
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.4
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
  • no.5
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
PAGE TOP