logo_s

ヱヴァンゲリヲン原画やシン・ゴジラ3形態の雛型展示、監督不行届アニメなど約300点! ラフォーレミュージアム原宿で「株式会社カラー10周年記念展」(渋谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年11月23日〜2016年11月30日 渋谷区
ヱヴァンゲリヲン原画やシン・ゴジラ3形態の雛型展示、監督不行届アニメなど約300点! ラフォーレミュージアム原宿で「株式会社カラー10周年記念展」(渋谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

ラフォーレミュージアム原宿で、「株式会社カラー10周年記念展 ~過去(これまで)のエヴァと、未来(これから)のエヴァ。そして現在(いま)のスタジオカラー。~」が開催されている。会期は2016年11月23日(祝・水)から11月30日(水)の8日間。

あああ

「株式会社カラー10周年記念展 ~過去(これまで)のエヴァと、未来(これから)のエヴァ。そして現在(いま)のスタジオカラー。~」キービジュアル

2006年5月、庵野秀明氏が設立した株式会社カラー。9月にはアニメーションスタジオ・スタジオカラーが立ち上がり、翌2007年に設立第一回作品として劇場アニメ『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』を制作した。以降、ヱヴァンゲリヲンシリーズをはじめ、日本アニメ(ーター)見本市でのwebアニメを制作するほか、樋口真嗣氏との共同作品『巨神兵東京に現わる』では実写制作も手がけている。

本展は、株式会社カラーの創立10周年を記念した特別展。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの原画初展示、から「シン・ゴジラ」の雛型展示、庵野氏の妻であり、同社取締役でもある漫画家・安野モヨコ氏が本展のために描き下ろした『監督不行届』番外編アニメーション上映等、約300点を展示する。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』C-1326 修正原画

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』C-1326 修正原画

株式会社カラーの仕事は、アニメーション制作のみにとどまらない。実写作品を含む映像の企画・製作及び配給・宣伝、アニメーション・特撮作品に関する資料の保存、書籍の出版など多岐にわたっている。会場には、株式会社カラーが保管する特撮作品のミニチュアなど貴重な資料を揃え、同社のさまざまな一面を一挙に展示する。

〈展示内容〉

■初展示を含む「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの原画や設定資料

2007年公開の第1部『:序』、2009年公開の第2部『:破』、2012年公開の第3部『:Q』から初公開を含む合計約160点の原画や設定資料を展示。宣伝物などに使用されたイラストの原画も初展示する。

■「シン・ゴジラ」の第2形態、第3形態、第4形態の雛型

庵野氏が脚本・総監督を務めた映画『シン・ゴジラ』の第2形態・第3形態・第4形態の雛型を展示する。3形態揃っての展示は初。

■カラーが行う文化事業に関する資料

カラーではアニメーションと特撮の文化を保全し、次世代に継承するための事業を行っている。原画や背景画や設定資料、特撮のミニチュアや小道具やデザイン画など、制作物や関連資料を保存し、可能なものはデジタル技術によるバックアップも。その貴重な資料の一部を展示する。

■安野モヨコのコミックエッセイ『監督不行届』番外編「おおきなカブ(株)」を、スタジオカラーがアニメーション化し上映

コミックエッセイ『監督不行届』より番外編となる新作エピソードを安野本人が描き下ろし、スタジオカラーがアニメーション化。株式会社カラー創立から現在まで10年のあゆみが綴られた内容となっており、その貴重な原稿も展示する。

■期間限定で公開された、宇多田ヒカル「桜流し(ヱヴァ:Qバージョン)」のミュージックビデオを特別上映

2016年9月に期間限定で公開された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』のテーマソング「桜流し」のヱヴァ:Qバージョンのミュージックビデオを本展覧会で特別上映。

特設サイトに掲載された、10周年に寄せた庵野氏のコメントは以下のとおり。こちらもぜひ一読してほしい。

社長挨拶
〈2016年5月17日 株式会社カラー創立10周年記念謝恩会にて〉

株式会社カラー代表取締役 庵野秀明です。
本日は御多忙の上、御足元の悪い中を大勢の方に御来場いただき、誠にありがとうございました。
皆様やファンの御支援の御陰で、弊社も10年に渡り維持成長を続ける事が出来ました。

振り返れば、2006年3月に轟木と二人で西新宿に事務所を開設、5月17日大安吉日、会社設立の手続き一切を引き受けてくれた日テレの高橋君に登記書類を法務局まで出社途中に届けていただき、スタッフが増え西荻窪に2度のスタジオ開設をし、今日に至るまで、長い様であっという間の10年でした。なお弊社10年のヒストリーの概要は本会場内の展示物、詳細は今秋に都内にて開催予定の展覧会をご覧いただけると、幸いです。

昔話はさておき、弊社の展望について御話しさせて頂きます。

最初に、主幹事業であるアニメーション等の映像製作。
鶴巻監督、前田監督、小林監督、鬼塚監督、吉崎監督らのアニメ作品を作り続けていきます。

そして、あれこれと遠回りをしつつですが、次回作、シン・エヴァンゲリオン劇場版も気力を尽くして取り組み続けていきます。
機会があれば、弊社製作の実写作品等も作っていきたいと思います。

次に、書籍出版だけでなく、新たな事業として厳しい業界への新規参入となりますが、音楽出版も立ち上げる予定です。

また、我々を育ててくれたアニメや特撮作品への恩返しとして2009年7月から細々と始めた文化事業ですが、今年は新たにNPO法人を立ち上げ、アニメや特撮の資料ミニチュア等のアーカイブ化を各方面と協力して推進していきたいと考えています。

カラーの歴史はまだ10年です。まだまだ先は長く続くと思っています。
これからも、面白い作品を作り続け、アニメーションと社会に役立つ会社であり続けたいと思っておりますので、皆様、よろしくお願いいたします。
この機に社員一同、一層の日々精進をしていく所存です。

最後に、改めて御礼申し上げます。
ありがとうございました。

(「株式会社カラー10周年記念展」特別サイトより)

関連記事

EVENT

  • LEDの点滅が結ぶテクノロジーと輪廻転生 SCA...
    2017年2月23日
  • 等身大の長場雄作品がモーショングラフィックスで動き...
    2017年2月23日
  • オランダ船、ギヤマンの杯、出島商館員など 江戸中期...
    2017年2月18日
  • 音楽と笑いとお酒とお風呂 明日のアーがおくる“大人...
    2017年2月17日
  • 7年ぶりのKYORARO大個展 テーマは“10万年...
    2017年2月16日

RANKING

  • no.1
    等身大の長場雄作品がモーショングラフィックスで動き出す 表参道で3日間...
  • no.2
    LEDの点滅が結ぶテクノロジーと輪廻転生 SCAI THE BATH...
  • no.3
    冬の日本橋でひと足早いお花見を 「NIHONBASHI ILLUMIN...
  • no.4
    池尻の住宅街に現れた黒い一軒家 クリエイティブチームCEKAI(セカイ...
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP