logo_s

オオクボリュウ×magma宮澤謙一による二人展 100体限定のソフビも トーキョー カルチャート by ビームスで「GRANDMOTHER」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年11月19日〜2016年12月7日 渋谷区
オオクボリュウ×magma宮澤謙一による二人展 100体限定のソフビも トーキョー カルチャート by ビームスで「GRANDMOTHER」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

渋谷区神宮前の「トーキョー カルチャート by ビームス」で、オオクボリュウ氏と宮澤謙一氏(magma)による初の二人展「GRANDMOTHER」が開催されている。会期は2016年11月19日(土)から12月7日(水)まで。

オリジナルソフビ「カビン」(公式サイトより)

本展は、平面作品やアニメーション作品を制作しているオオクボリュウ氏と、アーティストユニット「magma(マグマ)」のメンバーであり、立体表現を得意とする宮澤謙一氏の両名による二人展。会場には、共通の趣味を持ち、かねてから交流のある2人が、ごく日常的なテーマやモチーフを元にイメージを共有しながら制作した平面作品、立体作品が並ぶ。

会場の様子

また、本展を機に制作された、100体限定のソフビフィギュア「カビン」も登場。植物的な「花瓶」と、キャラクター的な「カビン」、ふたつの側面を持った作品で、宮澤氏が原型制作を担当し、100体それぞれにオオクボ氏がペイントを施した一点ものだ。価格は1体12000円(税別)で、会期終了後の受け渡しとなる。

「花瓶」側

「カビン」側

会期初日となる11月19日(土)には、17時よりオープニングレセプションが行われるという。会期中には関連イベントも予定されているそうなので、公式サイトをチェックしてみよう。

いつかの飲みの席で、謙一さんと「世の中には、消費され尽くされたモチーフやテーマがあるけど、そんな事柄に目を向けたらどうなるんだろう?」という会話をしました。例えば、「机の上の花瓶」「緑生い茂る山」「ファンシーな子猫」なんていう絵は陳腐すぎて、今まで積極的に描こうと思ったことは一度もありません。でも想像してみたら、ああ、ちょっと見てみたいかも、。
– オオクボリュウ

巨匠たちが描いた部屋の風景。奥のテーブルの上には、花瓶に花が生けてある。その佇まいに妙に惹かれてしまう。こんな想いは、自分だけだと思っていたが、共感してくれるオオクボリュウ君がいた。背景の花瓶を手にとって、よく見てみたい。
– 宮澤謙一(magma)

「GRANDMOTHER」キービジュアル

「GRANDMOTHER」キービジュアル(公式サイトより)

関連記事

EVENT

  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日

RANKING

  • no.1
    パンの未来は世田谷にある 〜パンラボ池田浩明による世田谷パン論〜
  • no.2
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.3
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.4
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP