logo_s

江戸美術の多様な表現を「色材」で読み解く 目黒区美術館にて「色の博物誌-江戸の色材を視る・読む」(目黒区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年10月22日〜2016年12月18日 目黒区
江戸美術の多様な表現を「色材」で読み解く 目黒区美術館にて「色の博物誌-江戸の色材を視る・読む」(目黒区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

江戸時代の日本美術における色材をテーマに据えた展示「色の博物誌-江戸の色材を視る・読む」が、目黒区美術館にて開催中。会期は2016年12月18日(日)まで。

b8607d31cff15e71e341c46a0da0d11d

「備前国図」慶長年間 329.0×280.7cm 岡山大学附属図書館蔵 池田家文庫

目黒区美術館では、1992年から2004年にかけて「青」「赤」「白と黒」「緑」「黄色」をテーマにした「色の博物誌」シリーズを開催し、各色、考古・民俗・歴史・美術を横断しながらそれぞれの色材文化史を紡いできた。12年ぶり、6回目となる本展では、「江戸時代の豊饒な色材」をテーマに、緑青、朱など、粒子が際立つ不透明感のある無機系の色材と、藤黄、アオバナ、紅、藍などの透明感のある有機系の色材に着目。人の知恵と工夫により丁寧に作られてきた色料や絵の具により制作された「国絵図」と「浮世絵」で構成される。

1b8967afba0a9e6a268e6d482b6662aa

歌川国芳「東都名所 するがだひ」天保3~4年 横大判錦絵 山口県立美術館・浦上記念館蔵

7948ac9aa58b6dab916cadc297e2d9be

日本の色材(天保~江戸時代に、絵画に使われた主要な色材)

幕府の命により各藩が総力を挙げて制作した巨大で極彩色の「国絵図」と呼ばれるグラフィックな絵地図。民衆の手の中で愛玩され、民衆の中で木版によって普及した可憐な色彩の「浮世絵」。この両極の表現において、復元作品、化学分析、江戸の画法書なども交えて、さまざまな角度から色を視て、読む楽しさを紹介する。

日本には、鉱物による色材、昆虫による色材、植物染料による色材など、渡来のものも含めて非常に豊富な色材があり、それを精製して丁寧に美しい色料へと作り上げる技術があり、先人たちは、それらの質感を絶妙に使い分ける繊細な感性をもって、色を折重ねて表現してきた。「目で触る」とも言える、色の質感を大切にした味わい方が、今回の作品資料の並置と比較によって見えくるだろう。

関連記事

EVENT

  • 「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらし...
    2019年12月9日
  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日

RANKING

  • no.1
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.2
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.3
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.4
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.5
    アーバンチル部出張編:夏目知幸とマキヒロチの歩く恵比寿〜中目黒
PAGE TOP