logo_s

オオクボリュウとmagma宮澤謙一による初の二人展開催 トーキョー カルチャート by ビームスで「GRANDMOTHER」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年11月19日〜2016年12月7日 渋谷区
オオクボリュウとmagma宮澤謙一による初の二人展開催 トーキョー カルチャート by ビームスで「GRANDMOTHER」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

渋谷区神宮前にある「トーキョー カルチャート by ビームス」で、オオクボリュウと宮澤謙一(magma)による初の二人展「GRANDMOTHER」が開催される。会期は2016年11月19日(土)から12月7日(水)。

あああ

© Ryu Okubo, Kenichi Miyazawa(magma)

平面およびアニメーション作品を制作しているオオクボリュウと、アーティストユニットmagma(マグマ)のメンバーとして立体表現を得意とする宮澤謙一。個人の作品はもちろん、平面、立体、映像などの豊かな表現方法を用いて、企業広告やアーティストのMVなど、幅広い分野に向けて作品を提供している。

本展では、かねてから共通の趣味を通して交流のある2人が、ごく日常的なテーマやモチーフを元に、イメージを共有しながら制作した平面作品、立体作品を発表する。会場では展示作品をはじめ、「花瓶」をモチーフとしたソフビなど、オリジナルグッズの販売も行う。

会期初日となる11月19日(土)には、オープニング・セレプションも開催される。そのほか、会期中は関連イベントも予定されているそうなので、引き続き公式サイトをチェックしてみてほしい。

いつかの飲みの席で、謙一さんと「世の中には、消費され尽くされたモチーフやテーマがあるけど、 そんな事柄に目を向けたらどうなるんだろう?」という会話をしました。例えば、「机の上の花瓶」「緑 生い茂る山」「ファンシーな子猫」なんていう絵は陳腐すぎて、今まで積極的に描こうと思ったこと は一度もありません。でも想像してみたら、ああ、ちょっと見てみたいかも、、。
– オオクボリュウ

巨匠たちが描いた部屋の風景。
奥のテーブルの上には、花瓶に花が生けてある。
その佇まいに妙に惹かれてしまう。
こんな想いは、自分だけだと思っていたが、
共感してくれるオオクボリュウ君がいた。
背景の花瓶を手にとって、よく見てみたい。
– 宮澤謙一 (magma)

関連記事

EVENT

  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日

RANKING

  • no.1
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.2
    〈フォトレポート〉第40回隅田川花火大会
  • no.3
    Pヴァインが考えるニュースタンダードなコンビニとは 下北沢に誕生した「...
  • no.4
    東京で今できる防災とは? 『東京防災』電子書籍で無料配布スタート
  • no.5
    コミック・アブストラクション・ムーブメント最前線を体感する一夜 中目黒...
PAGE TOP