logo_s

ジュリアン・オピー最新個展に新作を含む14点が集合 MAHO KUBOTA GALLERYで「JULIAN OPIE」(渋谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年10月19日〜2016年12月3日 渋谷区
ジュリアン・オピー最新個展に新作を含む14点が集合 MAHO KUBOTA GALLERYで「JULIAN OPIE」(渋谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

イギリスのアーティスト、ジュリアン・オピーの個展「JULIAN OPIE」が、渋谷区神宮前のMAHO KUBOTA GALLERYにて開催されている。会期は2016年12月3日(土)まで。

Tina 2

< Tina. 2.> 2016 ©Julian Opie / MAHO KUBOTA GALLERY

イギリスの現代美術を代表するアーティストであるジュリアン・オピーは、モチーフをピクトグラムやアニメの表現を連想させるシンプルな描画と色彩表現により簡略化し、最低限の要素で表現する表現様式で大きな支持を集め続けている。Blur のアルバムジャケットや英国ロイヤルバレエ団や、U2 のステージデザインなど、アートの枠を越えたプロジェクトも多数手がけている。

一見ランダムに、あるいは機械的に決められたアルゴリズムによって取捨選択され、簡潔化されたようにみえる表現様式は、実際には彼の何十年にも及ぶ表現への実験的アプローチの数々から獲得された絶対無二のもの。その過程は「複雑なものをシンプルにするという感じではなく、何もないところから表現に必要な最低限のものを少しずつ足していく」過程だとオピーは言う。

Train image

2016 年 映像アニメーションとインクジェットプリント

本展では新作のペインティングと映像作品14点を展示。ギャラリースペースは壁面でしきられ、迷路のような空間を創り出している。迷路に迷い込む鑑賞者は、狭い空間を行き来するうちに壁のペインティングの姿を自分の動きにエコーさせ、次のコーナーにある映像作品を通して外の世界を疑似体験するような複合的な知覚のプロセスを体験することができる。

関連記事

EVENT

  • 「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらし...
    2019年12月9日
  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日

RANKING

  • no.1
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    太宰治の暮らした「碧雲荘」 杉並区から大分県由布市へ移築が決定
  • no.4
    祭りが生まれる時:下町のレイヴ、錦糸町河内音頭大盆踊りが鳴らすビート
  • no.5
    脅威のセルフプロデュースJKユニットが東京のアイドルシーンを更新する:...
PAGE TOP