logo_s

現代美術界の鬼才、デイヴィッド・ホックニーが魅せる新たな展開 iPadで描かれた新作が25点 西村画廊で「The Yosemite Suite」(中央区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年10月1日〜2016年11月12日 中央区
現代美術界の鬼才、デイヴィッド・ホックニーが魅せる新たな展開 iPadで描かれた新作が25点 西村画廊で「The Yosemite Suite」(中央区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

20世紀および21世紀を代表するアーティスト、デイヴィッド・ホックニーの個展「The Yosemite Suite」が、中央区日本橋の西村画廊にて開催されている。会期は2016年11月12日(土)まで。

David Hockney “Yosemite Ⅰ, October 16th 2011” 2011 iPad drawing printed on four sheets of paper, mounted on four sheets of Dibond  Edition of 12, 197 x 177 cm over all

50年以上にわたるキャリアの中で、新しいスタイルの絵画を数多く生み出し、既成の美術を大きく更新してきた、現代において最も影響力を持つアーティストのひとりであるホックニー。近年はiPhoneやiPadによるドローイングなどに取り組んでおり、79歳になった現在でもアートの新たな地平を切り開いている。

本展で紹介されるのは、彼が2010〜2011年にカリフォルニアのヨセミテ国立公園を訪れて制作した作品群。iPadのタッチスクリーンをキャンバスに描かれたドローイングの数々は、雄大な山々に抱かれた清澄な自然の息づかい、深く豊かな森の密度、光の繊細な移ろい、観光客の雑踏など、作家が目の前にした美しい場面のきらめきを我々にありありと感じさせる。また、ブライダルベール滝、エル・キャピタン、ハーフ・ドームなど、同地の有名なスポットがホックニーの視点を通して描かれているのも見所のひとつだ。

David Hockney “Untitled No.6” from “The Yosemite Suite” 2010 iPad drawing printed on paper, Edition of 25, 94 x 71 cm

ipd-0356

David Hockney “Untitled No.22” from “The Yosemite Suite” 2010
iPad drawing printed on paper, Edition of 25, 94 x 71 cm

これらはプリント作品におけるホックニーの最新の仕事のひとつで、ロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・アーツや、サンフランシスコのデ・ヤング美術館で出品され、2016年11月から開催されるメルボルンのヴィクトリア国立美術館での個展にも展示される予定だ。Dibond(アルミ複合板)にマウントされた4枚のシートから成る大作1点と、94×71cmの1枚のシートに出力された24点、計25点のiPadドローイングを初公開。現代の鬼才が見せる新たな展開を目の当たりにしよう。

なお、町田市立国際版画美術館でも版画約150点を集めた個展が開催されているので、こちらも合わせてチェックしたい。

関連記事

EVENT

  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日

RANKING

  • no.1
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.2
    〈フォトレポート〉第40回隅田川花火大会
  • no.3
    Pヴァインが考えるニュースタンダードなコンビニとは 下北沢に誕生した「...
  • no.4
    東京で今できる防災とは? 『東京防災』電子書籍で無料配布スタート
  • no.5
    コミック・アブストラクション・ムーブメント最前線を体感する一夜 中目黒...
PAGE TOP