logo_s

ロード・アイランドの青を感じる陶芸作品 渋谷ヒカリエでアダム・シルヴァーマン展「Blue」(渋谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年11月5日〜2016年11月21日 渋谷区
ロード・アイランドの青を感じる陶芸作品 渋谷ヒカリエでアダム・シルヴァーマン展「Blue」(渋谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

渋谷ヒカリエ8階の「8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery」で、アダム・シルヴァーマンの個展「Blue」が開催される。会期は2016年11月5日(土)から11月21日(月)まで。

untitled 2016 clay and glaze h.26.0 x Φ25.0 cm ©Adam Silverman

「untitled」(2016年/clay and glaze/h.26.0 x Φ25.0 cm)©Adam Silverman

ファッション・ブランド「X-LARGE」の創設メンバーであり、2002年以降は陶芸家として活動しているアダム・シルヴァーマン。溶岩のような風合いと、ピンクやグリーンといった鮮やかな色の組み合わせが目を引く彼の作品は、ひとつひとつがまるで生きているような、有機体の様相を呈している。

シルヴァーマンは、大学では建築を学んだ。コルビュジエをはじめとする20世紀の偉大な建築家に多大な影響を受けたことで、幾何学的でありながら温かみのある手触りは、近代建築にも通じるものがある。

本展は、小山登美夫ギャラリーでの4度目となる個展。ロード・アイランドで作ったという新作は「青」をテーマとしており、様々な青の組み合わせや、その重なりに焦点を当てる。また、その青をより浮き立たせるため、真っ白な作品も数点展示されるという。以下、シルヴァーマンから本展へコメントが寄せられている。

今回の展覧会では、青色や、様々な青の組み合わせ、重なりに焦点を当てます。 また、寿司のつけあわせの生姜のように、すべての青をすっきりさせる真っ白な作品も数点展示します。今回出展する作品の多くは、普段制作を行っているロサンゼルスのスタジオで制作しましたが、数点は大西洋にほど近い、ロサンゼルスとは光、空気、色全て異なるロード・アイランドの夏のスタジオで制作しました。また、夏にロード・アイランドを訪れる前につくりはじめ、ロサンゼルスに戻った後に仕上げた作品も何点かあります。そしてロード・アイランドから戻ってから、秋に制作したものもあります。 異なる様々な青色の陰影は、海や空、そしてその2つの間の広がり、また、花や鳥、魚、虫、鉱物といった自然との強い関連性を持っています。

(アダム・シルヴァーマン)

陶芸作品とわかっていても、見れば見るほど荒々しく、かつ優しく、そこに「自然」を感じざるを得ないシルヴァーマンの作品。その存在感を、ぜひその目で確かめてみてほしい。

関連記事

EVENT

  • 「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらし...
    2019年12月9日
  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日

RANKING

  • no.1
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.2
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.3
    パンの未来は世田谷にある 〜パンラボ池田浩明による世田谷パン論〜
  • no.4
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.5
    「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらしんたろう」 を拡張す...
PAGE TOP