logo_s

ラリー・クラーク自らプリントした作品を手に入れる 原宿ギャラリーターゲットで「TOKYO 100」(渋谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年9月23日〜2016年9月30日 渋谷区
ラリー・クラーク自らプリントした作品を手に入れる 原宿ギャラリーターゲットで「TOKYO 100」(渋谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

渋谷区神宮前にある「ギャラリーターゲット」で、写真家・映画監督のラリー・クラークの展覧会「TOKYO 100」が開催される。会期は2016年9月23日(金)から9月30日(金)まで。

『タルサ』(1971年)、『ティーンネージラスト』(1983年)といった写真集、そして『KIDS』(1995年)、『BULLY』(2001年)、『Ken Park』(2002年)、『Wassup Rockers』(2005年)などの映画を手がけてきたラリー・クラーク。ストリートに息づくユースカルチャーを独自の視点で描いた彼の作品は、世界中のフォトグラファーや映画作品、ファッション業界にも多大な影響を与えてきた。

2013年に「LARRY CALRK 100」としてニューヨークでスタートした本展は、以降ロンドンやロサンゼルスを経て、今回初の東京開催となる。『KIDS』のテリー役で鮮烈なデビューを果たした、俳優でギャラリストでもあるレオ・フィッツパトリックが本展覧会のキュレーターを務めている。

この展覧会の大きな特徴は、これまでラリーが撮りためたスナップショットを展示し、各15,000円で販売するという点だ。

展示・販売されるのは、1992年から2010年までの間に発表した、数々の作品のロケーションで撮り下ろした多くのスナップショット、そして〈Supreme〉のカレンダー撮影で撮り下ろした貴重なポートレートやセルフポートレートなど。

73歳になったラリーは、「この展覧会は今まで何度も自分の展覧会に来てくれ1万ドルや1.5万ドルするプリントを買えなかったファンの子達へ、これはスケーターやコレクター達へのお土産や記念品とし、自分がハッピーに死ぬためのお返しなんだ」と言う。美術館へのアーカイブ寄付やオークションで売るのではなく、今までのキャリアを支えてきてくれた多くのファンや友人に持ってもらおう、という自身の熱い思いからスタートした展示なのだ。

「TOKYO 100」では、大きな木製のクレートをギャラリーの中央に設置し、中に写真を積み上げる予定だという。作品は主に、薬局や1時間プリントでラリー自身がプリントをしたもので、いずれも102×152mm(4×6)のカラープリント。

メトロポリタン美術館やニューヨーク近代美術館をはじめとした、世界中の名だたる美術館にコレクションされているアーカイブ作品を間近で見ることができる本展。さらにはそのアーカイブを実際に購入し、自宅に飾ることができる。世界を魅了したラリー・クラーク作品の新たな側面を知る、貴重な機会となりそうだ。

関連記事

EVENT

  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日
  • 写真表現を通じ空間を“拡張”する柏木瑠河氏と余宮飛...
    2018年9月21日

RANKING

  • no.1
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.2
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.5
    パンの未来は世田谷にある 〜パンラボ池田浩明による世田谷パン論〜
PAGE TOP