logo_s

ベルリンのストリートアーティスト、エル・ボチョ日本初個展 池尻大橋104GALERIE&104Rmondで「BERLIN TOKYO」(目黒区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年9月16日〜2016年10月15日 目黒区
ベルリンのストリートアーティスト、エル・ボチョ日本初個展 池尻大橋104GALERIE&104Rmondで「BERLIN TOKYO」(目黒区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

目黒区青葉台にある「104GALERIE」および目黒区大橋の「104Rmond」で、エル・ボチョの日本初個展「BERLIN TOKYO」が開催される。会期は2016年9月16日(金)から10月15日(土)。

「BERLIN TOKYO」フライヤー

「BERLIN TOKYO」フライヤー

ベルリンを拠点に活動しているストリート・アーティストのエル・ボチョ。これまでにドイツ国内、ローゼンハイムでの「Städtische Galerie Rosenheim」(2014年)、ペルミでの「Museum Permm of contemporary art」(2011年)などの展覧会を行い、ベルリンで行われるコンテンポラリー・アートのフェスティバル「URBAN AFFAIRS」(2009年)にも参加。積極的に作品を発表してきた。

©EL BOCHO

©EL BOCHO

©EL BOCHO

©EL BOCHO

©EL BOCHO

©EL BOCHO

その活動はドイツに留まらず、ハンガリー、イスラエル、アメリカ、香港など、海外のテレビ番組、書籍、雑誌、新聞でも広く紹介されてきた。現在では「ベルリンで最も有名なストリート・アーティスト」という評価を得ている。

4

5

今回、日本初となる本個展では「104GALERIE」と「104Rmond」の2つの会場を使い、東京滞在で新たに制作した「都市」をテーマにした作品をはじめ、新旧のペインティングを発表するという。また、会期初日の9月16日(金)18時からは、エル・ボチョも在廊するオープング・レセプションが行われる予定だ。

過去から現在までの活動を包括的に展示することで、ベルリンの空気を感じられる初個展となっている。

関連記事

EVENT

  • 「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらし...
    2019年12月9日
  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日

RANKING

  • no.1
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.2
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.3
    パンの未来は世田谷にある 〜パンラボ池田浩明による世田谷パン論〜
  • no.4
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.5
    「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらしんたろう」 を拡張す...
PAGE TOP